2020年7月23日 (木)

【タイル大好き 81】白タイルの職人芸

なかなか見ごたえのある手洗い場だった。後ろ側はシャワーになっていた。白タイルは陶器製なので凍害を受けやすい。しかも水を使う場所なので条件は悪い。それでもほぼ大丈夫で部分的な修理跡もあじわいになっていた。水平部分の役物は窓が丸くなっているが、その役物の角用役物もあった。それらを自在に使いまわし寸法を微妙に切りそろえながら仕上げられていた。こどもたちのための手洗い場にはタイル工の心意気がこもっていた。すでに解体。

Img_5740
Img_5739
2015.12.09、京都市中京区、旧立誠小

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。