2020年7月12日 (日)

【タイル大好き 71】珍しい小型立体陶板

よそで見たことがないので特注品なのだろう。手のひらサイズの立体陶板が窓下に行儀よく並べられている。円を基調としたアールデコ風の不思議な造形で2種類あるようだ。陽が当たると複雑な影が生まれておもしろい。薄緑色の釉薬で窯変して土色になるらしい。そんな色目の変化も美しい。

Img_62052
2016.02.08、京都市上京区

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。