2020年7月24日 (金)

【タイル大好き 82】立誠小のバリ土タイル

バリ土とは粒子の荒い粘土のこと。混ぜ合わせた土の元の色がある程度残ってまだらになるのが特徴だ。その色の変化がタイルの表情に深みを与えてくれる。ここは黄色に白を混ぜたようだ。温かみのある優しい風合いに仕上がっている。

Img_57412
2015.12.08、京都市中京区、旧立誠小学校

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。