2020年7月15日 (水)

【タイル大好き 74】アカンサス装飾の本格派

アカンサスの葉が本格的なので初めて見たときは驚いてしばらく立ち尽くしていた。軒回りのキクナのような植物がアカンサスで西洋建築ではよく使うモチーフだ。細かいタッチが正確でありながら硬さがなく活き活きとしている。ただものではない。白い釉薬がけの焼き物でテラコッタなのか装飾瓦なのか判然としない。

左右の端に小さな角がついているところやアカンサスの下にレンガ巾ほどの平滑な帯があるところなどギリシャローマ様式の本格派だ。レンガ塀の中央にくぼみを作り2本の柱が立っているように見せているところなど気合が入っている。よそで見たことがないので珍しいものだと思う。

Img_6233
Img_6232
2016.02.08、京都市東山区

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。