2020年7月29日 (水)

【タイル大好き 87】旧甲子園ホテルと似た粗面ボーダータイル

遠藤新の旧甲子園ホテル(1930)のタイルとよく似ている(参照)。レンガの作り方と同じで表面をワイヤーで切断する。ワイヤーのひきずり跡が表面に残り表情を作り出す。無釉薬で土の色がよく分かる。黒い斑点は粘土中の鉄分が変色するらしい。それも素朴な味わいになっていて好ましい。

Img_5760
2015.12.08、京都市中京区

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。