2020年7月 9日 (木)

【タイル大好き 68】本町駅の繰り返し模様の陶壁

1970年前後の大阪には町のなかに割と普通にアートがあった。これもそのひとつ。不規則に見えるが巾2メートルほどのパターンを繰り返しているのがよく分かる。緑白茶と歩くとともに色が変化するのがおもしろい。表面の焼きもの特有の風合いが見ていてあきない。

Img_6309

Img_6310

Img_6311
2016.02.14、大阪地下鉄本町駅

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。