2020年7月26日 (日)

【タイル大好き 84】路地裏の大判釉薬タイル

青から緑への色の移り変わりが美しい。大判なので細やかな色目の変化が楽しめる。これほど大判でありながら形が揃っていて目地がまっすぐ通るのが気持ちいい。端部の少し丸みを帯びたところが柔らかい見た目を与えている。ワイヤーで上から切断したのだろうか。

タイルツアーの下見のときに見つけた。おおっと驚いてしばし見とれていた。ツアーで案内したところ、みんなおおっと驚いてくれたのでうれしかった。タイルマニア垂涎の逸品ということだろう。一般人の感覚がわたしには無いのでこれが一般にどう見えるのか分からないが、これほどのタイルなのだからマニアでなくとも美しいと感じるのではなかろうか。

Img_5748
Img_5747_20200726190101
2015.12-08、京都市中京区

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。