2020年6月29日 (月)

【タイル大好き 58】昭和初期の豆タイル

白い床に緑とオレンジの花を散らしている。なかなかかわいらしいデザインだ。島津が医療機器を作っていたから優しいデザインを心掛けたのかもしれない。縁飾りは武田好みのチョコレート色だ。

丸いモザイクタイルを私は豆タイルと呼んでいる。戦後ビルで活躍したタイルだが、これが戦前からあったことはここで知った。普通のモザイクだと思っていたのが豆タイルだと気づいたときの驚きを今も覚えている。

おもしろいのは豆タイルを半割りにして使っていること。これほど細かいタイルをきれいに割って1枚ずつ手で貼っているわけだ。これほどきれいに貼るのはさぞ難しかろう。タイル職人を褒めるべきである。

Img_7398
Img_7397
2016.06.03、旧島津製作所本社(1927)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。