2020年6月27日 (土)

【タイル大好き 56】さび色タイルの陶壁

相当大きな陶壁だ。陶壁はカラフルなものが多いが、これは渋い鉄さび色を基調としていて珍しい。地元の信用金庫支店なので京都の陶芸家の作品だろう。廃墟を思わせる独特の世界観に引き込まれるような魅力ある作品だ。

Img_7389_20200627085501
2016.06.03、京都市河原町通り御池、旧京都信用金庫河原町支店(解体) 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。