2020年6月20日 (土)

【タイル大好き 49 】素地を活かした透明釉タイル

   大きさは5センチ角くらい。ウロコ雲のような白い釉薬の隙間から茶色の素地が見える。あまり見たことのないタイルだ。茶色の部分は土の粒が見えているので透明釉なのかも知れない。それが白化したか灰釉(かいゆう)をかぶってこうなったのか? 1枚ずつ表情の違うタイルは親しみ深くて愛おしい。

Img_7697 
Img_7696
2016.06.20、大阪市旭区「錦水湯」(解体)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。