2020年6月15日 (月)

【タイル大好き 44】まいまいタイル(2)

このコースは三条京阪から1928ビルまでのあいだ(北は姉小路通り、南は蛸薬師通り)を2時間で歩くというものだった。このエリアでもっとも古いと思われるのがこのタイル。微細な貫入から染み込んだ水によって少し黄ばんでいる。真っ白のままのもあり、その長年にわたってできた変化に味があって美しい。

明治後半のものに見える。屋内用の陶器タイルが屋外で使われて凍害も受けずによく残ったものだ。むかしのタイルはメートル法でないのでメジャーを当てれば古さも分かる。ということ実測のパフォーマンスをしているところ。

Crfugawviaadbkw
2016.09.04、寺町三条角

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。