2020年5月17日 (日)

【タイル大好き 21】ガーディナーの花柄貼り

パッチワークのようで親しみやすい花柄模様だ。ガーディナーは明治13年22歳のとき聖公会の伝道のために来日し立教学校の校舎を設計してその校長となった。日本の子女のために半生をささげた教育者だった。この花柄を見ていると優しい先生だったろうことがよく伝わるではないか。

Img_9862
2017.06.09、京都市東山区、長楽館(1909)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。