2020年5月11日 (月)

【タイル大好き 15】京大時計台のテラコッタ

何の形なのだろう。ライトの影響なのか? それともインドイスラム様式なのか? 大倉三郎あたりが考えたのだろうがさっぱり分からない。ザクロのように十字の割れ目から中がのぞく。周囲は若葉が飾る。目が離せなくなるような得体の知れない存在感がある。似ているとすれば19世紀末のビアズリーだな。

Img_1043
2017.10.04、京大時計台記念館

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。