2020年3月20日 (金)

【石橋スケッチ】商店街の入り口

商店街の入り口のひとつ。この道の下を水路が流れている。石橋は道路と民地と境界線がかわかりにくい。それが水路がらみだと余計ややこしい。水路は水路組合か農業委員会の管理下にあるはずだが、ほぼ農地がなくなって水路も放置されている。そのことが水路がらみの土地の流動化をさまたげているのだろう。だから古い建物が空き家のまま残っていたりしてこの町のおもしろさを形づくっている。というようなことを考えながらスケッチした。これで30分。だんだん早くなっている。

200317_20200320053301
2020.03.17/ヴァフアール紙粗目F3、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/大阪府池田市石橋1丁目

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。