2020年2月13日 (木)

【祖山信仰と陰陽論4】古墳はどこを向いている?

 大阪平野の古市古墳群で調べてみた。ただしどうやっても正確にはならない。正確にならない理由は古墳の形が当初から変わっている可能性があること、地図に落とすときに誤差がでること、見えるピークが地図上の山頂と一致していない可能性があることなどだ。それでもある程度の傾向は出るだろうと思ってやってみたところある程度の傾向は出た。やはり古墳は特定の山とのつながりがあるようだ。

Photo_20200213101501
 古市古墳群の大きさトップ10を使った。古墳の正確な方向は決めづらい。おおよその方向を決めてそれを下の大きな地図に落とし込んだ。

Photo_20200213102801

 各古墳とつながりがあると思われる山は次のとおり。

  古墳名 祖山 築造推定年代
誉田御廟山古墳 金剛山(1125)  420年ごろ
仲津山古墳 信貴山(437)? 400
岡ミサンザイ古墳 生駒山(642) 500
市野山古墳 岩湧山(898) 470
墓山古墳 二上山(517) 410
津堂城山古墳 六甲山(932)? 380
前の山古墳(軽里大塚古墳) 二上山(517) 480
野中宮山古墳 二上山(517)? 400
古室山古墳 和泉葛木山(898) 380
10 野中ボケ山古墳 信貴山(437) 520

 大阪平野にはふたつの大きな古墳群がある。ひとつは今回使った藤井寺市の古市古墳群、もうひとつは堺市の百舌鳥古墳群だ。モズ古墳群で同じことをやってみるとどうなるか。これが結構おもしろい結論になる。それはまた次回に。

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

たぬきのまちさがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。