2020年1月 5日 (日)

宝形の家10 居心地のよい縁側をつくった

 建て替え前の家に縁側があったので同じように縁側を作った。わたしが縁側を設計したのは初めてかも知れない。これがなかなか趣きがあって気持ちのよい居場所になった。その居心地よさを加藤左官の聚楽壁や古い雪見障子がさらに際立たせてくれたように思う。

 縁側は座敷と庭をつなぐものだから庭がないと作れない。住宅から庭が無くなって久しいが、やはり庭や縁側は暮らしの息抜きを与えてくれる大切な場所だと思う。縁側の良さはもっと見直されてよい。

Img_6990

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。