2020年1月11日 (土)

阪急石橋駅が昭和初期でなかなかよい

 レールを使ったプラットフォーム上屋も少なくなった。ここは箕面線の始発駅でもあるのでフォームが広々としており、それを軽やかなレール上屋が覆っているようすは清々しい。見たところ昭和5年ころに見える。地下道は角を丸く仕上げた柔らかいデザインでこれもなかなかよい。このまま使い続けてほしい。

Img_7225_20200111070601
2020.01.02、大阪府池田市石橋

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。