2020年1月17日 (金)

本を読むスピードと忘れるスピード

 最近読書メモを付けているので自分の読むスピードがかなり正確に分かった。小説なら400字詰原稿用紙換算で1時間に100~150枚だった。文庫本だと1時間に60~90ページくらい。1冊読むのに3~4.5時間かかる。平均より少し速いらしいが、もっと速い人はわたしの3倍のスピードで読むらしい。とうていマネできない。マネする必要もないが。

 本の読み方についてもうひとつ分かったことがある。本の内容を忘れるスピードだ。最近ある小説を読んでいて85%を過ぎたところでこの本読んだことがあると思い出した。アマゾンの履歴で調べるとわたしはこの本を3年前に読んでいた。少なくともわたしは3年でほんの内容を忘れるらしい。ただし85%の地点で出てきたとある風景だけは3年たっても覚えていたわけだ。

 わたしは小説を風景もしくはイメージとして読みこむタイプらしい。映画的読書法とでもいうべきか。この読み方だと世界観や背景の描写の多い小説のほうが長く覚えていることになる。自分の好みの小説とはそんなふうなものなのかも知れない。もちろん85%の本も楽しく読んだ。また3年後に読みたい。

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。