2020年1月 7日 (火)

ハスの小さな噴水を見つけた

 本願寺山科別院に六角形の小さな噴水があった。ブロンズ製のハスから水が噴き出す仕組みになっている。ハスの噴水は東本願寺門前に武田が設計した。ここは西本願寺系だが武田作品の影響だろうと思う。西本願寺には藤原義一指導の手水鉢(昭和30年)があった。これもそうなのかも知れない。次に行ったときに記銘がないかよく調べてみる。

Img_7187
Img_7186
2019.12.21、京都市山科区、本願寺山科別院

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。