2019年11月29日 (金)

京阪野江駅を見てきた

 友人が野江駅がよいというので見てきた。ロマネスクの地下礼拝堂のようでなかなかよい。高架化とともに造られたようだ。アーチにはロマネスクではなくもっと未来的なイメージがあったようだ。駅舎は建築と土木の領域の境界にあるが、土木的な未来イメージは建築的なそれと少しずれているらしい。そこがおもしろいと思う。

Img_7062_20191129051301
Img_7061

Img_7065
2019.11.23、京阪野江駅(1931)

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。