2019年10月22日 (火)

モザイクタイルの窓枠飾りを見つけた

 2階窓の縁飾りが漆喰のかわりにモザイクタイルで仕上げられている。初めて見たがこのあたりでは普通にあるという。そういえばこの町の下流の八鹿では、1970年大阪万博ごろの陶器質タイルをよく見かけた。先に見た型ガラスもそうだが、戦後の生活様式の変化と需要の過程がタイルの使い方に現れているのではなかろうか。

Img_6717
2019.10.19、兵庫県養父市関宮

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。