2019年9月 4日 (水)

A3サイズで洋館を描いた

 神戸の旧ビショップ邸。今は中華料理店「東天閣」が使っている。大事にお使いになっていて内部もほぼ当時のままなのがうれしい。ビショップは神戸港の最初のナビゲータだそうだ。ご夫妻とふたりの姉妹でお住まいになっていたという。楽しい家庭だったのではないかと建物を見てそう思う。

 最近A3に挑戦している。まだ手に余る感じがする。線描き30分、色塗り35分だった。はがきサイズだと線描き15分、色塗り5分だから圧倒的に色塗りに時間がかかっている。絵が大きいので絵の具をたくさん使う。そのため頻繁に絵の具を筆に含ませないといけない。それで時間がかかっている。次回はそこを工夫してみる。

 絵はハガキサイズで描いたときとほぼ同じだ。A3に慣れてくれば展開する気もする。年内はA3でやってみる。

190831
2019.08.31/マルマンスケッチブックA3、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県神戸市

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。