2019年9月30日 (月)

からとの清水とはなにか

  訳あって瀬戸内の島へ渡った。

 香川県豊島(てしま)の唐櫃(からと)地区に見事な水利施設があった。唐櫃の清水と呼ばれ弘法大師が開いたという伝説がある。手前の大きな水場は洗濯場だそうだ。奥に祠の下は飲料水で、左の壁際に足洗い場もあった。そのほかさまざまな大きさの水場があり、それぞれ用途が決まっているらしい。これは沖縄県の垣花樋川(かきはなひーじゃー)とよく似ている。大小の石製の水槽に水が流れ落ちるようすは涼やかで美しい。 ここが現在の姿に整備されたのは昭和4年だそうだが、もともと用途別の水場だったのだろうとわたしは思う。

 こうした湧水をわたしは小豆島の中山千枚田で見た。小豆島は豊島の隣の島である。中山千枚田は棚田の最上部に小屋があり中に湧水井戸があった。垣花樋川も棚田に給水しており、もちろんここも眼下の唐櫃棚田に給水しているのだろう。湧水井戸と棚田とはセットなのだ。

 唐櫃棚田の起源は分からないが、中山千枚田は室町期には開発が始まったとされる。当時高野山が小豆島の鉱物利権を握っており中山に出張所があったという。採掘した鉱物は精錬してから出荷されるがそのためのエネルギー源として森林が伐採され、その跡地利用として棚田を開発したとわたしは考えている。

 長くなったので続きは次回。

Img_6608
唐櫃の清水

Img_6605
唐櫃の清水

 

 

Img_6613
唐櫃棚田、2019.09.29、香川県豊島

|

たぬきのまちさがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。