2019年9月25日 (水)

昭和の型板ガラス「色紙」と「古都」

 スケッチ教室で養父市大屋市場を歩いたとき昭和型板ガラスを見つけたのでアップしておく。この窓には2種類あって揉み紙のようなのは「色紙」(参照)、小さな四角が並ぶのが「古都」(参照)というそうだ。古都は東福寺本坊にある重森三玲作庭のコケのチェック模様を模したらしい。おもしろい。

Img_6565 
2019.09.21、兵庫県養父市大屋市場

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。