2019年7月 6日 (土)

ナマズの欄間を見つけた

 ナマズの欄間を初めて見た。なかなかかわいい。中根金作の作庭した余香苑の門にあった。ここ退蔵院には「瓢鮎図(ひょうねんず、鮎=鯰)」という如拙の描いた有名な絵があるのでそれにちなんだものだ。よく見てほしい、鯰の背後にはちゃんとヒョウタンがある。よくできている。

Img_6062
2019.07.05、建仁寺退蔵院余香苑

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。