2019年6月23日 (日)

由岐神社拝殿の謎(8)ヤツデの御紋はなにを表すのか

 鞍馬寺の御紋はヤツデだ。鞍馬神の使いである天狗の持ち物だ。これは冬でも翠であることが木気がさかんであることを示すことと、八つ手と書いたときの8が木気の数であることが理由だろう。ところが御紋の葉は11枚ある。これはなぜか。

 8は五行説では木気を示すが八卦だと土気を表す。土気は水気を克すので避けたのかも知れない。木気の数である3と8の和である11もまた木気を表す。十一面観音の11などはこれであろうとわたしは思っている。

 八手はうちわの形をしているが、うちわの起こす風もまた八卦で言えば木気となる。ヤツデは木気の象徴なのだ。もちろんこれは水気の神域で木気が芽生えるという子安の霊験を象徴していることは言うまでもないだろう。

190623

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。