2019年5月16日 (木)

本屋さんごっこ

 本を並べてみた。とてもきれいである。表紙で選んでいるので内容に関連はない。表紙は大事である。

Img_5566

 歌野晶午は友人に薦められて買ったものの2年ほど放置している。分厚いので読み始められないというヘタレ読者である。
 フランス文学入門は母の蔵書をもらった。昔の岩波文庫のアールヌーボー風の表紙は素敵だ。まだ途中までしか読んでいないが、吟遊詩人の英雄譚が文学の最初だと書いてあった。それは日本でも同じだな。
 小野不由美の十二国記はこれを最初に読んだ。ラストが秀逸でおもしろかった。これは9冊中7冊目だそうだ。やはり1冊目から読んだほうがよいのだろうか。
 森まゆみは五条のフリマで買った。まだ読んでいない。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。