2019年5月13日 (月)

考えがまとまらないという状況とプライドの関係

 ある構想についてよいアイデアが浮かばなくて困っている。これが建築の設計ならほぼ迷うことなくまとまることができるのだが、いったい何が違うというのだろう。

 ひとつは考える対象が漠然とし過ぎていることがあると思う。あなたのこれこれは何ですか?という問いに答えるだけなのだが、まず「これこれ」が分からない。「何ですか?」の「何」がたとえばどんなものがあるのかも分からない。分からないことだらけで考えが止まってしまう。

 ただ、このあたりは経験と調査でなんとでもクリアできるだろう。もっとも大きな理由は自分が詰まらない答えしか言えないのではないだろうかという恐れだ。これは自分で恐れを捨てるしか方法がない。もしそのクソ小さなプライドを捨てることができれば簡単に飛び越えられるハードルでもある。でも一番むつかしい。

 

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。