« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

京都御苑でスケッチ授業をした

 スケッチするときは心を楽しませなさい、と言ってある。鈴木喜一さんの教えだ。見たところみな楽しそうに取り組んでくれている。うれしい。建物より木のスケッチほうが個性がよく分かっておもしろい。

 京都建築専門学校の意匠演習という授業を担当している。毎月1度はスケッチに出る。次はどこへ行こうか考え中である。


Img_5658
わたしのスケッチ 2019.05.30/ミューズコットンA4、4B鉛筆、透明水彩/京都御苑

Img_5659

Img_5655

Img_5662
学生作品

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

~~せねばならない

 「やることメモ」をつけている。もう2年になる。その日にやることを毎朝箇条書きにする。申請書の作成、学校の授業、庭の水まき、小説を読む、一日にやることは多い。やった項目には〇印を付ける。〇が増えるとうれしい。そういう性格だから2年も続いたのだろう。もし刑事が来て「あなたは〇月〇日何をしていましたか」と聴かれても2年以内であれば答えられる。完璧にだ。

 5月になってから書式を変えた。箇条書きの上に時間割を作った。横棒を引いて6時から21時までの行動を記録している。これで「あなたは〇月〇日の午後〇時から〇時までのあいだ何をしていましたか?」と聴かれても答えられる。これはすごい、かも知れない。

 でも、こんなメモは何の役にも立たない。わたしのアリバイを聴く刑事は一生来ないし、一日の予定を立てたからといって有意義な一日を過ごせるわけでもない。むしろ私は「~~せねばならない」という箇条書きにうんざりしている。箇条書きが1日に10個あったとして、その365日分×存命年数を消化するだけの人生はまっぴらだ。

 昨秋から親族の介護にたずさわることが多いおかげで、自分があと10年、20年、30年たったらどうなるのかよく見えるようになった。学校で夢や希望や志しを語りながら、本当はそんなものは無いのではないかと思い始めている。本当に自分にとって大切なのは未来の夢や希望や志しではなく毎週月曜と木曜にゴミを出したり毎朝金魚にエサをやったりする「今」なのではないか。「~~せねばならない」と思うのではなく、やることひとつひとつをどこまで楽しめるのかが大切ではないか、と思い始めている。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

鈴木隆之「未来の地形」講談社1992年

 おもしろかった。建築家の書いた小説という触れ込みだったが建築はほぼ出てこない。片岡義男に似た乾いた情景描写が心地よく、気が付いたら物語のなかへ引き込まれていた。3本目の「ダブル・スコア」が一番おもしろい。嫌味なI助教授ときっぷの良いシノブそれぞれのキャラがよかった。3本とも主人公が観察者の位置からほぼ動かないのが気になるがそういう作風なのかも知れない。(2019.05.20読了)

 鈴木隆之の建築の仕事はよく知らない。1961年生まれとあるから私と同世代だ。京大卆だそうだからどこかでお会いしているかも知れない。1987年群像新人文学賞を受賞。私が3留年の後ようやく卒業できて設計事務所に就職したころだ。収録3本は1989ー1992年に「群像」に掲載されたもの。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

5/30(木)より高橋礼子・円満字亜矢子のふたり展はじまるよ

「TREE of LIFE、風の色 ガラスと糸」
2019年5月30日(木)~6月8日(土)
6月4日(火)5日(水)は休み
12時~18時
GALLERY173
大阪府池田市石橋1-7-3
阪急石橋駅徒歩2分

Img_5649

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

大阪パース教室の第3期が始まった

 今期は夏休み(8-9月)までの4か月間とした。現在大阪教室は2名受講中だ。それぞれが描きたいものを持ち寄ってパースに仕上げる。この日は大連の近代建築と大阪工芸高校の校舎だった。別に近代建築でなければならないというわけではない。

パース教室案内 http://tanuki.la.coocan.jp/tanteitop.html

Img_5627
2019.05.20

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

スケッチ教室で東華菜館を描いた

 朝から猛暑だった。鴨川の対岸に木陰があったのでそこで描いた。これからはやぶ蚊対策も必要だな。東華菜館をこちら側から描いたのは初めてだ。端正で律儀な立面構成が美しい。わたしははがきサイズとA4サイズとを描いたが、どちらも同じ絵になるのはなぜだろう。もっとゴシゴシ描いてみたい。

190525
2019.05.25/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、透明水彩絵の具/京都「東華菜館」

Img_5641
スケッチ教室作品

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

魔笛を聞いた

 ひと月ほど前の風の強い夜に魔笛を聞いた。駅から家までは住宅地を通り抜ける細く曲がりくねった古い道を通る。ちょうど河岸段丘の端でもともと風の強い場所だ。普通はゴゥーというような音がするのだが、そのときは聞いたことのないような音がした。

 最初にピューという龍笛のような細くて高い音が震えるように鳴る。それが5秒ほど続いたあとで今度はボゥーと腹の底に響くオーボエのような低い音がした。それが5秒ほど続くとまたピューという高音に変わる。わたしは歌劇に出てくる魔笛とはこれだと思った。

 風音を怖いと思ったのはこれが初めてだった。歌劇のなかで風の音が怖いと言ったこどもが最後に死ぬように、どこか死のにおいのする不吉なものを風音に感じた。わたしはそのことをできるだけ気にしないように努めながら、それでも急いで河岸段丘を下りて家へ帰った。今もときどき思い出す。あの音はいったい何だったのだろうか。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

階段の踊り場

 階段は見上げるより見下げたときのほうがおもしろいのかも知れない。
途中から階段が見えず踊場だけが見える。そして最初の踊場が斜めになっているのでちょっと不思議な感じがする。

Img_5623
2019.05.19、京都地下鉄御池駅

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

シャドー 190522

 ビル街の地下を歩いていたらぽっかり空の見えるドライエリアに出た。そこに変わった影が落ちていたので拾っておいた。ここはおもしろそうなのでしばらく観察してみたい。

Img_5634
2019.05.22、大阪茶屋町

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

大阪北部地震の余震があった

 久しぶりに揺れた。わたしの住むあたりは震度2だったので気づかなかったひとも多かったろう。高槻市南部が震源地でマグニチュードは気象庁速報で3.6だった。昨年6月18日の大阪北部地震(M6.1)と震源地が重なるのでその余震のひとつだったのだろうと私は思っている。

 わたしの住むあたりは震源地から15キロほどなので45度くらいの角度で突き上げられるのが分かる。震源から直線距離で20キロくらいだが、これぐらい近いと地鳴りが聞こえる。昨年の本震でわたしは地鳴りを初めて聞いた。今回も同じ地鳴りがした。地鳴りはボーリング場のレーンをボールが転がるゴロゴロという音に似ている。それがだんだん近づいてきてドンと揺れる。

 こうした直下型地震は造山運動の一部なのだろう。新しい山がそこで生まれているのだ。それは水平方向に押された地盤が割れてずり上がるようなイメージだと思う。ゴロゴロいう地鳴りはそのときの音なのだと思う。

 気象庁は有馬高槻断層の動きと説明するがその断層は淀川右岸の山沿いに伸びている。今回の震源地は淀川の河原なので生駒断層の北端なのではないかと思っている。震源地で断層が見つかっていないのではっきり言えないが、淀川がここで大きくカーブしているのは昔から少しづつ造山運動が続いてきた証拠だろうとわたしは思う。

 マグニチュードは1.0上がるとエネルギーが31.6倍になる。だからM3はM6の3万分の1だ。M3くらいの小出しにしてエネルギーを放出してくれれば地表に住む我々はありがたいが、なにぶん造山運動のすることなのでどうなるか分からない。11ヶ月たってもM3の余震があるのだから、まだまだ要注意である。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

尼崎市役所でスケッチ会を開いた

 パース教室のスケッチ会で尼崎市役所へいった。見学会にも参加したが議場や市長室など非公開部分の見学が楽しかった。

 一番の見せ場は1階ピロティの市民ホールから吹き抜けへかけての構成だろう。村野はエストベリのストックホルム市庁舎を見て感動のあまり駆け寄ったという。市庁舎のホールはノーベル賞の晩餐会で有名だ。天井が高くて大階段がある。村野はこの建物でそれをやりたかったに違いない。現在、市民ホールは事務室に改造され吹き抜けのトップライトはふさがれていた。ぜひもとに戻してほしい。

Img_5618
2019.05.19/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/尼崎市役所議会棟

Img_5619

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

鏡の作用について

 鏡の作用について考えたことをメモしておく。

 鏡に映った姿は左右逆転しているとよく言われる。本当にそうだろうか? 鏡をよく見ると右手は右に左手は左に写っている。逆転などしていないのだ。ただし「鏡に映った姿から見れば」左右が逆転している。鏡の世界の自分になって鏡の外の私に面したとすれば右に左手、左に右手がある。このように左右の概念は「誰から見て」なのかという視点者の立場を示さないと意味をなさない。鏡の作用において左右が逆転するのは視点者の立場を変えることが前提となる。

 おもしろいのは前後である。鏡の作用では前後も逆転する。前後と左右とは密接に結びつけられたひとつの概念ともいえる。視点者がどっちを向いているかによって前後も左右も決まるのだ。前後左右という平面上の座標軸は視点者の向きによって定まると言ってもよい。

 さて不思議なのは左右が逆転するのに上下は逆転しないことだ。床屋にある壁掛け時計は鏡のなかで正像となるよう左右逆転させている。なぜ上下はそのままでよいのか? 上下は前後左右と違って視点者の向きとは関係がないということなのだろうか。

 では鏡を頭上に掲げて見上げればどうなるか。こうすると前後左右だけではなく上下も逆転するのだ。その状態で壁掛け時計を正像に見せようとすれば当然上下も逆転させねばならないだろう。上下左右を同時に逆転すればそれは元のままなのではないか。元のままでなぜ鏡のなかで 正しい像を結ぶのか?
 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

銀座接待の話

 週刊アスキーに連載された岡田斗司夫のエッセーに銀座接待の話があった。最初にカウンターだけのバーへ連れていかれる。席の温まる間もなく次の店へ移動する。そしてすぐに次の店へ。それらはみな自社の重役が関係している店らしい。彼は下戸なので水しか飲んでいない。それなのに数万円の伝票が飛び交う。絵に描いたような接待費横領である。世の中の接待は受けるものよりも接待する側に利権があるのかも知れない。

 さて私は出版業界の斜陽の原因は広告接待費の削減にあると思っている。銀座が繁盛していたバブル景気のころ雑誌の創刊が相次いだのは接待費と同様広告宣伝費も増額されたからだろう。雑誌は広告料の受け皿だったのだ。出版業は雑誌収入によって単行本の赤字を埋め合わせていた。その雑誌が立ち行かなくなった。したがって出版業界は苦境に陥る。銀座の高級バーの閉店数と雑誌の廃刊数とは比例していると思う。雑誌数が広告料に見合う数まで縮小したのが現状だろう。

 出版業界は不振の原因をすぐ読者のせいにしようとする。本を読まなくなったからこうなった。みんなもっと本を読もう、と。しかし読者の総数はさほど変わっていないのではないかと思っている。刊行部数で統計を取ると読者減少に見えるが、部数と読者数はイコールではない。そもそも正確な刊行部数なんて誰にも分からないと思う。

 もともと単行本と座視の編集は別物だと思う。企業の接待広告費の増大が雑誌依存の出版業界の体質を作り上げてしまった。それがこれから元に戻るだけのことだろう。今後雑誌と単行本の経営は分かれていくだろう。そのほうが自然であるように私は思う。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

【リトルワールド】森のなか

 リトルワールドは森のなかにある。珍しい植物の自生地もあるそうだが私には分からない。適当なところで適当な植物をスケッチしておいた。これも何だか分からないが。

190512_3
2019.05.12/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/愛知県犬山市「リトルワールド」

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

本屋さんごっこ

 本を並べてみた。とてもきれいである。表紙で選んでいるので内容に関連はない。表紙は大事である。

Img_5566

 歌野晶午は友人に薦められて買ったものの2年ほど放置している。分厚いので読み始められないというヘタレ読者である。
 フランス文学入門は母の蔵書をもらった。昔の岩波文庫のアールヌーボー風の表紙は素敵だ。まだ途中までしか読んでいないが、吟遊詩人の英雄譚が文学の最初だと書いてあった。それは日本でも同じだな。
 小野不由美の十二国記はこれを最初に読んだ。ラストが秀逸でおもしろかった。これは9冊中7冊目だそうだ。やはり1冊目から読んだほうがよいのだろうか。
 森まゆみは五条のフリマで買った。まだ読んでいない。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

【リトルワールド】バリ島の貴族の家

 この複雑な模様には前から興味があった。植物に囲まれた神獣に見える。石彫りのレリーフと赤レンガの対比が美しい。顔の両側に手のひらがあるが、裏側ではグーになっていた。陰陽論なのだろうか?

 中へ入ると正面は祭壇だった。貴族とは豪農や村長のようなものではなく地域を霊的に守護する神官なのではないかと思った。

190512_2

2019.05.12/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/愛知県犬山市「リトルワールド」バリ島の貴族の家

60145524_580125889146575_152680076136572

 この絵を描いているところを建築課の高橋勝さんが写真に撮ってくださっていた。暑いので日陰で描いている。自分の写真はあまりないのでありがたい。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

【リトルワールド】沖永良部島の高倉が大好き

 ふんわりとしたワラ葺きの下の板張りが斜めになっているところが秀逸である。とっても素敵だ。柱の上に巻かれたブリキはネズミ避けだそうだ。こうやって見ると高床形式はネズミ避けが第一目的だったようにも見える。竹で作られた下の床でお弁当をいただいた。暑い日だったが風が通って気持ちがよかった。

190512_1
2019.05.12/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/愛知県犬山市「リトルワールド」沖永良部島高倉

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

考えがまとまらないという状況とプライドの関係

 ある構想についてよいアイデアが浮かばなくて困っている。これが建築の設計ならほぼ迷うことなくまとまることができるのだが、いったい何が違うというのだろう。

 ひとつは考える対象が漠然とし過ぎていることがあると思う。あなたのこれこれは何ですか?という問いに答えるだけなのだが、まず「これこれ」が分からない。「何ですか?」の「何」がたとえばどんなものがあるのかも分からない。分からないことだらけで考えが止まってしまう。

 ただ、このあたりは経験と調査でなんとでもクリアできるだろう。もっとも大きな理由は自分が詰まらない答えしか言えないのではないだろうかという恐れだ。これは自分で恐れを捨てるしか方法がない。もしそのクソ小さなプライドを捨てることができれば簡単に飛び越えられるハードルでもある。でも一番むつかしい。

 

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

【リトルワールド】韓国古民家がとてもいい

 京都建築専門学校の遠足で愛知県の世界の古民家を集めたリトルワールドへ行った。広いので全部をゆっくり見る時間はない。前回の遠足時に目をつけておいた韓国古民家をじっくり見ることにした。

 壁面構成が美しくてまるでモンドリアンの絵のようだ。太めの柱や横材で区切られたなかに土壁と板壁がはめ込まれている。構造イコール意匠という考えがいさぎよくて気持ちがよい。わたしの理想の建築に近い。

 構造的には日本とだいぶ違っていた。床束がなかったり大梁がなかったりした。比較的横材が太くて柱どうしを強く結びつけるのが特徴らしい。仕口がどうなっているのか興味深かったが見ただけではよく分からなかった。

190512
2019.05.12/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/愛知県犬山市「リトルワールド」韓国の農家

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

製図室をスケッチした

 休み時間にスケッチした。これで10分くらい。最近、人を描くことに興味がある。このくらい緩い感じでしばらく描いてみたい。

Img_5529
2019.05.08/マルマンスケッチブックÅ4、0.5シャーペン2B/大工大

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

茶屋町の路地をスケッチした

 前から気になっていた場所だ。路地のなかほどに戦前の町家が残っていて花屋さんになっている。そこだけ木が繁茂していて夏になると涼しそうだ。ここはおもしろいでまた描きたい。

Img_5531
 2019.05.05/マルマンスケッチブックA4、グラフィックペン0.5、油性ペン、固形透明水彩/大阪市梅田茶屋町

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

早描きの限界

 これで10分。次回の演習で5分間自己紹介があるのでスケッチの早描きをしようと思っている。一度やったことがある。そのときは境内でスケッチしていて学生が寄ってきたので3分で描いた。それからスケッチする学生が増えた。実演することは大切だと思う。

Img_5528
2019.05.09/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.1、固形透明水彩/大阪梅田

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

家のなかの葉っぱ 西洋じゅうにひとえ

 できあがったばかりのカウンターに花を添えてくれた。西洋じゅうにひとえというらしい。小さいながらも濃い紫色がきれいだ。これも庭に生えている。ビンはジャムビンを溶かしたかみさんのお手製だ。

Img_5526
2019.05.08

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

家のなかの葉っぱ

 かみさんはよく庭の葉っぱを飾っている。これはナンテンの新芽だろう。錆びた針金をぐるっと丸めたものにくっつけている。朝日を浴びて赤く光っている。壁は自分たちで塗った珪藻土。

Img_5525
2019.05.07

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

自宅バルコニーにカウンターを作ってみた

 マンションの専用庭に面したバルコニーにカウンターを作った。ここに座ると東海道線の列車が見えて楽しい。

Img_5518
2019.05.05

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

レンガ造りの防火壁を見つけた

 上のほうが飾り積みになっていてちゃんとしている。2階分ほどの高さがあって存在感もある。なかなかいいものを見つけた。連休でごったがえす京都新京極通りを歩いていた。たまたま誠心院の前を通りがかったので初めて入ってみた。和泉式部のお墓があった。ウソのように誰もいない場所だったのでお墓前のベンチでしばらく休憩した。気持ちのよい墓地だった。

Img_5517
2019.05.04、京都新京極、誠心院

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

自著を探せ「京都の風水地理学」

 イオン桂川の大垣書店の新書コーナーにあった。新刊は宣伝効果のおかげで出版後3ヶ月はよく売れる。この時期に書評に掲載されたりして話題になればもっと売れる。

 しかしこの本は新刊後部数が伸びず話題にもならず続編の企画も流れた。それから2年たったが京都の本屋さんではときどき見かけるのでうれしい。

 実は続編の企画を立てている。前回は内容が難しいとの感想ばかりだったので今回は易の話は抜いて陰陽五行と三合の話だけにしてみようかと考えている。おたのしみに。

Img_5516
2019.05.03、京都市桂川イオン「大垣書店」

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

尾道雑感(13)浄土寺の庫裏

 居宅だったものを庫裏へ復元修理したそうだ。見事な梁組に驚いた。中央の大黒柱へ四方から梁をかけ渡し、その上に貫で刺し固めた小屋組みを載せている。そのスペーストラスのような細かい架構とそれを支える龍のような太くてうねる梁組みとのコントラストが美しい。こうした貫で刺し固める耐震法は幕末に普及したからこれもそれ以降の建物なのだろう。

Img_5394
Img_5391

 かまども復元されていた。磨きあげられた黒漆喰のやさしい光沢が心なごませてくれる。

Img_5395
2019.04.05、広島県尾道市浄土寺

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

製図室をスケッチした

 休憩中に描いた。これで5分くらい。スケッチというよりクロッキーか。最近、油性ペンがおもしろい。ゴチャゴチャしたものをグリグリ描いてみたい。

Img_5461

2019.04.24/マルマンスケッチブックA4、油性ペン極細/大工大梅田キャンパス

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »