2018年7月 9日 (月)

元興寺(がんごうじ)の側面

 1枚目は門の外から描いているので着彩したが、境内は絵の具は禁止だ。絵の具を使わなければスケッチOKということなのでエンピツ描きした。元興寺は側面も美しい。こちらから見ると柱の上の組み物がよく見えて寺院建築っぽい。正面から見るとこの組み物がよく見えないので住宅風の柔和な印象を受ける。ひとえに前面に回廊が付け加えられているせいだ。いったいこの回廊はいつ誰が付け加えたのだろう?

 エンピツ描きだと迫力に欠ける。絵の具の力は偉大だ。これで20分くらい。エンピツ描きでももっとギュウギュウ描けば迫力も増すのだが、暑かったのでこの程度になっている。

180701


|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/66924039

この記事へのトラックバック一覧です: 元興寺(がんごうじ)の側面: