2018年7月12日 (木)

祇園祭の鉾建てをスケッチした

 ちょうど祇園祭の鉾建てが始まっていたので建築学校の1年生でスケッチに行った。骨組みはタペストリーに覆われてすぐに見えなくなってしまうので今しか見れない。みんなは長刀鉾やら船鉾やらの骨組みを思い思いにスケッチしていた。

 わたしは授業が終わったあとも残って放下鉾(ほうかぼこ)の鉾建てを見てきた。鉾建てを観るのは初めてだった。想像していたような手順だったが驚いたことも多かった。丁番部分の動きかたや、ワイヤーを両側にかけて建ること、真木(しんき)を四方から支える丸太を金物で締めあげることなどおもしろかった。


Img_3041
2018.07.12/スケッチブックB5、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/放下鉾

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/66933741

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭の鉾建てをスケッチした: