2018年4月 2日 (月)

パース教室で「パラッツィオ・デル・テ」を描いた

 単純な構成ながら描いてみると結構めんどくさい。ここまで描くのに1時間半もかかった。篠山紀信・磯崎新著「建築行脚」の1冊を受講生が古本で見つけて持ってきてくれた。こういう本があるということも、こういう建築があるということも恥ずかしながら知らなかった。パース教室って本当に勉強になるな。


Img_2360
2018.04.02

|

パース塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パース教室で「パラッツィオ・デル・テ」を描いた: