2018年2月25日 (日)

摂南大学住環境デザイン学科卒業設計展 感想メモ(2018.02.25)

< 全体として >
今年の卒計展は様変わりした。この学年は女性が増えて全体に落ち着いた雰囲気があった。その雰囲気そのままの卆計展だった。

昨年は空想系が多いのとインターナショナルスタイルが特徴だったが、今年は散在型計画と空中歩廊が多かった。流行に流されるのもたいがいにしてほしい。

空想系作品を中心に流れる終末観は流行なのだろうが良くない傾向だと思う。終末にあってそれでも生きるという貪欲な欲望こそ建築だとわたしは思う。

今までわたしは空想系を特殊視していたが、最近は空想と現実のバランスこそ大切ではないかと思うようになった。空想系にも現実感は必要だし、現実派にも理想という空想部分が重要だ。今年は各研究室ともそのバランスが良かった。

わたしの講評も今年は変わった。今まではどうしてもデザインのおもしろさに目が奪われていたが、建築人として必要なのはデザイン力よりも敷地諸条件を見極める調査力や現地の社会や人間関係に積極的に関わるコミュニケーション力のほうが大切だと思い始めている。

今のようなデザインコンペのような卆系はだめだと思う。図面や模型を作らなくても、その人の考えたことや建築的提案を言葉で聴くだけで評価できるのではないだろうかと思い始めている。

今年は自分の評価基準が変わったこともあって卒計展を楽しく見ることができた。ありがとう。そして卒業おめでとう。

(過去レヴュ)
4期生 2016年度 http://www.tukitanu.net/2017/02/20170213-4857.html
3期生 2015年度 http://www.tukitanu.net/2016/02/20160213-3acd.html
2期生 2014年度 http://www.tukitanu.net/2015/02/post-ce7b.html
1期生 2013年度 http://www.tukitanu.net/2014/02/post-ce7b.html

< 個別に > ★は円満字賞 今年は13本出した(昨年は14本)。

【 建築・環境デザイン研究室 】

< オオスガノコレカラ > ★
戦後の闇市から続くさびれた飲み屋街の再生計画。既存のまちは触らずにその空中に架台を組んで増床した。出色なのは増床分も路地となっており、地上のバラック建築に似た建物が立体路地に付属する。そのSF的なイメージを模型とパースで描き切ったのがすばらしい。

< 市民と観光客が交わる八幡 >
男山八幡の駅前計画。駅前広場から既存建物をうまく使ったモールや民泊を繋いで音楽堂へと導く。散在型は視覚的統一感が薄れる傾向があるが、八幡ゆかりの竹材をうまく使って全体のまとまりを創り出そうとするアイデアがよい。

< 多様な個性を持つ生徒一人ひとりへ自発的かつ包括的な学校の提案 >
発達障碍児を対象とする開かれた学校計画。構内に駅への抜け道を作り図書館やカフェを設けて生徒と地域との交流の場を作る提案。現況の公共教育の行き詰まりをコミュニティスクールの枠組みで再生しようという考えは正しい。

< 密集市街地における屋外空間の再編 > ★
大阪大空襲で焼け残った空堀地区の再生計画。防災とコミュニティ形成を目的として立体路地を組み込む。ネコの道のような路地が既存長屋のすきまを繋いでいくのが楽しい。袋路を通り抜けられるよう開き、その中央に地蔵の小祠のあるポケットパークがあるのがいい。

< ひとときの空白時間 > ★
駅を図書館、電車を閲覧室に見立てた発想がすごい。読み終わった本を集めた駅構内の本棚を大規模化したものでワクワクする楽しさがある。デザインもシンプルで、落ち着いた居心地のよさそうな場所を作ってくれた。作者には発想のおもしろさを現実の建築として提示する確かな構想力がある。


【 インテリア・建築デザイン史研究室 】

< 光合成する建築 ~ならまちを再生するケーススタディ~ > ★
古い町家の残る街区の再生計画。密集地は街区の中央にあんこと呼ばれる空地と空き家の詰まった使用されていない土地がある。それをうまく繋いで新しい路地を通したのがよくできている。現地をよく調査しているのが分かる力作。

<「空」を感じる場所、「空」に気づく場所ー伊丹市立こども文化科学館 再計画ー > ★
青空、夕空、星空など空をテーマにした自然系の博物館計画。プラトン立体の日影図をもういちど立体化するというすごい離れ業をやってのけた。現代のストーンヘンジのような発想であり、時間の建築化とも言えよう。プリズムの部屋、日想観のテラスなどディテールも楽しい。よい設計者になると思う。

< おせっかいの伝播 ~若者と高齢者を繋ぐ尼崎の複合集合住宅~ > ★
下町のコミュニティハウス計画。若者と大阪のおばはんがシェアするアパートだ。しんきくさい若者をおばはんのおせっかいで再生しようと考えた。この作品のすごいところは入居者全員のプロフィールを考えたこと。わたしはこんな卆計初めて見た。設計はそれを使う個別の人間が加わって初めて完成するということによく気が付いた。

< もうひとつの学校 ~松ケ丘における多世帯交流~ >
兵庫県明石を敷地に選んで福祉施設のコンプレックスを作る計画。現地の高齢者支援団体や空き家対策の住民団体などをよく取材しているのがよく分かった。こうした地味な作業を楽しみながらできるのならもう立派な設計者だとわたしは思う。

< 回帰と調和の村 ーはじめのひとつとしてー > ★
ニュータウンの再開発計画。斜面を活かした低層集合住宅で槙文彦を思い出した。二周遅れのモダニズムが渋い。秀逸なのは町全体を水が流れるというイメージだ。壁面を滝のように流れ落ちた水が階段路地の脇を水音を立てて流れていく。ライトの落水荘を集合化したような作品でなかなか楽しい。そのイメージを素人にも分かるようにプレゼンする力をつければあなたは化ける。スケッチしなさい。

< バイタリティに富んだ高齢化社会への建築的提案 >
単身高齢者用の戸建てコテージ村でイベントホールと銭湯を備える。コテージを内向型と外向型のふたつに分けたのがおもしろい。建築には二種類あるのかも知れないと思った。そのふたつを共有部分で繋ごうとしたわけだ。つなぐ施設をもっと増やせばさらに良くなると思う。

< 蘇る蕪村商店街 ーおおさか東線 新駅「都島」周辺計画ー >
既存商店街の田園都市化のような計画。まっすぐな街路をクランクさせたりポケットパークを作ったりするのがおもしろい。ハルプリンならやりそうな計画である。新しく盛り込む施設は温泉劇場というのもなかなかおもしろい。


【 地球共生デザイン研究室 】

< 割竹を用いたテンセグリティ構造の研究開発 > ★
フィリピンの地域開発プログラムのひとつ。ふんだんにある竹材を使った仮設建築の試み。平ロープを使った吊り構造で小立体を作り出す。いろんな展開が考えられるし、なにとり建築材料を現地で調達できるのがよいと思う。

< アートワイヤーの遊び場 > ★
児童向けの遊具の開発。自在に曲がるワイヤーで秘密基地をつくることができる。こどものためのアートワークショップを開いている吉川先生なら喜びそうな遊具だ。ぜひワークショップで試してほしい。

< 古事記神話を用いた観光マップの作成 >
グリーンツーリズムやタウンツーリズムなど小規模観光がまちづくりにはかかせない。これは今までにない神話ツーリズムの提案。提案しているのは観光マップではなく神話をテーマとした新しいツーリズムのシステムだ。それを支援するツールとしてマップやガイドブックがある。さらにネット展開すれば広がりができるだろう。着眼はとてもよいからもっと考えてみればさらにおもしろくなると思う。

<「軽トラハウス」による仮設住宅の新たな形の開発研究 >
軽トラ用の仮設住宅キッド。仮設住宅というよりは避難所だと思うがなかなかよくできている。キッドを用意しておいて非常時に配布するシステム。合理的な車中泊のようなもので移動できるのが最大の利点。弾力的な避難所運営を援ける良いアイデアだ。

< TSYKURU ~偶発的な出会いから生まれる新しいなにか~ >
芸術系の文化教室コンプレックス。サイコロのような小さなアトリエが芝生広場にばらまかれている。音楽系や美術系などにゾーニングし、その中間に異種交流のミニスペースを設けているのがおもしろい。エントランスの六角形シェルがバラバラな全体をうまくまとめていて設計力の高さをうかがわせる。

< LAS+ ロープ構造体を用いた緑化プロダクト >
ペットボトルを廃品利用したフラワーポットをつなげてグリーンカーテンを作る試み。作品はインテリア小物のようなものだったので分かりにくかったが、これは大型都市緑化もしくは工業的農業資材として展開すべきものだろうと思う。おもしろいからもっと考えればよいと思う。

< Wind Breaking(風分散効果)~最適外形状実験検証~ >
台風に飛ばない建物の形の研究。高さを抑えたところをいくつか作れば長い建物でも風力に対抗できるらしい。わたしは極地建築研究を思い出した。今は忘れられた膨大な過去研究があるように思う。それを掘り起こして途上国の地域開発に役立てる橋渡しになる研究だと思った。


【 建築計画・設計研究室 】

< 虚構現実空想真実地 > ★
大阪天王寺公園を日想観の施設に改造するプラン。日想観とは夕陽に阿弥陀来迎を幻視する信仰で天王寺はその聖地である。本多先生が講評で指摘なさっていたが、添えられた草案段階のドローイングがなかなかよい。自分の線になっている。これだけ描けるならきっとよい設計者になるだろう。池に棲むカバが良かった。

< SUIDO > ★
大阪港に面した天保山公園を敷地としたキリスト教教会。海から上がってくる洞窟、水際のプロムナード、水の流れる聖堂がセットになっている。水の流れる聖堂というイメージがおもしろい。天保山は天保時代の「おすくいざらえ」でできた大阪三郷経営の「水上」公園なのだから流水聖堂の敷地としてふさわしい。

< 親子の休日リゾート >
スキー場の再生計画。キャンプ場、屋内屋外アスレチック施設、展望台レストランなどをゲレンデ周辺に配置した。スキー場再生は各地で深刻な地域問題となっている。それを真正面から取り上げたのがえらい。

< 都市の中に生まれた田舎生活 ~子どもを育てるための町へ~ >
子ども食堂、キャンプ場、学習教室などをあぜ道でつなぐ計画。あぜ道こそがこの計画の主役で、子どもはあぜ道で道草しながら成長するというのがおもしろい。

< 巡り廻る空間 ~多世代に広がりつがる複合施設~ > ★
斜面を敷地とした老幼コンプレックス。上が高齢者で下が幼児とゾーニングしている。ゾーニングが明確なのに、全体が有機的な低層建築として繋がっているのがおもしろい。斜面を活かした諸室の配置が秀逸で相当設計力があるのが分かる。このまま精進すればよい設計者となるだろう。

< 共生 共棲 ~膨らむコミュニティからできる生活の場~ > ★
シャッター商店街の再生計画。既存ビルの屋上に新設した空中施設をつなぐ。「オオスガノコレカラ」と考えていることは一緒だ。違うのは新設する施設がバラエティに富むこと。農園カフェ、家具再生工房、ギャリー、貸しマーケットなど具体的なのがおもしろい。

|

講評」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。川上組にはいつも驚かされます。今年もっとも驚いたのは「空」ですね。プラトン立体を日影展開するというのは見たことも聞いたこともありません。わたしは推理小説「浜村渚の計算ノート」を思い出しました。

川上組のおもしろさは、そうした突拍子もないというか不思議な空想力の持ち主が忽然と現れて教員や他のゼミ生を巻き込んでいくところです。巻き込まれながらそこでは確かに新しいものが生まれつつある。その経験はそこにいた全員の財産となるでしょう。それは自由闊達な気風がないと成立しません。それが川上組のよいところです。

投稿: 円満字洋介 | 2018年2月28日 (水) 19時58分

円満字洋介先生
今年も本学科の学生と教員のために、的確で慈しみのある批評をくださりありがとうございます。たった4日間の展覧会にもかかわらず、よくここまで読み取っていただけるものだと、今年はさらに感嘆いたしました。
学生たちは、就職のためではなく、もちろん卒業単位習得のためでもないなにかに突き動かされるように、みんな一気に思考の階段を駆け上がっていきました。
研究テーマを決める時から、提出・発表・展覧会の準備・搬入・展示・搬出、そして片付けまでが卒業研究の一環であることをわかって行動しておりますが、特に展覧会プロセスにおいて最後のブラッシュアップと他者に伝えようとするエネルギーが湧き出てくるしのは、本人にとって未知の感覚だったのではないかと思います。提示されたものがたとえ本人にとって未完であり、プロから見て稚拙であったとしても、途中で投げ出したり限界を決めたりしない、それはたいへん美しい姿勢でした。最も驚いているのは実は教員の方です。きっと、他学も同じような状況なのではないかと思います。
それらに応えることができるのは、内部の教員ではもう不可能な域ですので、このように、すべてを受け止めて批評を広く公開しつつ、学生たちを次へ押し出していただけることに心から感謝いたします。
なにより来年度、卒業研究に取り組む3年生にとって素晴らしい指針をいただきました。ありがとうございました。

投稿: 川上比奈子 | 2018年2月28日 (水) 18時30分

コメントありがとうございました。白鳥組にはものを作る楽しさがあります。また海外での経験を通して学生たちがたくましく育つようすも楽しいです。そうしたデザインプロセスそのものが作品なのではないかと私は思っています。これからもよろしく。

投稿: 円満字洋介 | 2018年2月27日 (火) 17時52分

円満字先生、
毎年深い見識と鋭い指摘をありがとうございます。今年度の学生の作品はもっと早く燃えてくれたら、もっと面白い域までいけたのに!と惜しい部分が否めない。それらを本当によく展示会の中でじっくりと読み解いて一人ひとりに温かい助言、どこを見つめて行くべきか等をコメント頂きまして、真にありがとうございます。当ゼミは、建築やものづくりを体感を通して、また他文化との協同を介した地球共生デザインなるものを模索しながら、それぞれに情熱をもてる入り口から建築にこだわらず、追究させております。その模索の中で学生・教員共に、どう在るべきか迷いができることがあり、頂いたコメントはそれらに光と指針を与えてくれる貴重なものです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: Takeshi Shiratori | 2018年2月27日 (火) 16時55分

最終講義とても楽しかったです。ありがとうございました。毎年この欄へのコメントもありがとうございます。本多先生が提出日を前倒ししてくださったおかげで卆計の全体的な完成度が格段に上がりました。突出した作品に目が奪われ勝ちですが、全体的に作品のレベルが高いことのほうがわたしは大切だと思っております。それがこの講評の動機です。長年のご指導ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 円満字洋介 | 2018年2月27日 (火) 14時03分

円満字洋介先生
膨大な量と深さの講評をいただき感謝の言葉も無いほどに感動しております。
学生の作品にたいし、優れている点を見つけてコメントしていただくことのなかに、ハッとするような批評がこめられている点にいつもやさしさを感じております。
自分のことを振り返ってみますと、卒業設計は砂漠の大平原に小さな棒を立てるような経験であり、良し悪しを越えてそこからの歩みの方角を振り返る地点探しのような出来事だったことを思い出します。そのときに頂いた一言やシーンを今でも忘れないほどに、他者のコメントは貴重な宝物です。心より感謝しております。
円満寺先生のますますのご活躍をお祈りもうしあげます。

投稿: 本多友常 | 2018年2月27日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/66434357

この記事へのトラックバック一覧です: 摂南大学住環境デザイン学科卒業設計展 感想メモ(2018.02.25):