2018年1月28日 (日)

旧二条駅

 番組ではこういうものを説明するわけだが、話すことはたいがいその場で考える。適当だとのそしりはぬぐえないがそれしかできない。

 二条駅は移築する前から知っていて好きな建物だ。建物の前に立ってしばらく見ていると特徴が見えてくる。

 この場合は2階の階高が高いことが特徴だ。だから柱や長押で壁面を分割してのっぺり感を消している。

 とくに中央の柱をはさんだ窓の処理が優れている。こういうのはよほど設計に慣れたひとでなければできない。設計者不詳なのが惜しい。

180122
2018.01.18/ワトソン紙ハガキサイズ、0.3グラフィックペン、透明水彩/京都市下京区、京都鉄道博物館

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/66330253

この記事へのトラックバック一覧です: 旧二条駅: