2018年1月29日 (月)

龍谷大学図書館

 昭和11年だったかな。大倉三郎の設計である。リニューアルしたが旧館部分はほぼ残っている。外観のタイルがが見どころで、さすがタイルを使わせたら大倉の右に出るものはいない。「大倉三郎のタイル」で一冊書ける。

 スケッチはみぞれの降るなかで描いたので、寒いわ滲むわでさんざんだった。ロケ中で時間がないというのも困ったものだが、それはかえって集中できるので悪いばかりではない。

180122
2018.01.18/ワトソン紙ハガキサイズ、0.3グラフィックペン、透明水彩/京都市下京区

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/66334344

この記事へのトラックバック一覧です: 龍谷大学図書館: