2017年12月 9日 (土)

ホワイトボード落描き(4)

 これも製図室に転がっていた模型だ。300分の一くらいの小さなボリューム模型だが、なかなかおもしろいので描いてみた。これで15分くらい。

 建築は物体を造るのではなく、物体のあいだに広がる場所性を造ると私は思っている。この模型からは確かな場所性が感じられる。


Img_1442
2017.12.08、摂南大にて

|

空想建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトボード落描き(4):