« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月23日 (月)

中国居酒屋はるぴん「水ギョウザ」

 前から気になっていた中華料理店。入ってみると皿料理のメニューがない。水ギョウザがメインで、他にカウンター上に大鉢がいくつもあって、そこから小皿に取り分けてくれる。飲茶的な店だった。水ギョウザは薄味だが、たっぷり入った肉汁の旨みが効いてうまかった。おもしろそうなのでまた行く。

Img_1143
2017.10.20、大阪府高槻市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

ギャラリーeyes「林真衣展」

 昨年行けなかったので今年こそと思って見てきた。行ってよかった。とても気持ちのよい絵だ。

 どんな絵かというと、大きな画面に緑だったり青だったり同系色が刷毛引きされていて、そのなかにチロチロと不定形なものが浮かんでいたり飛んでいたりする。見ていると、ハスの浮かんだ池だったり、雨に煙る山だったり、大きな滝だったり、そんな水っぽい風景が浮かんでくる。

 見ているうちにその風景が次第に鮮烈になってきて、最後には雨音や水音が聞こえてくる。そんな絵だ。絵が大きいのもよいのだろう。その前に立つと、壮大な世界の前に立っているように思えてくる。

 近づいてみると、小さな気泡を作ったり、絵の具を細かく撒き散らしたりと、いろんな工夫がされている。そうした細かい工夫が大きな画面いっぱいに展開して、ようやく大きな世界が立ち現れるわけだ。画面は大きいのに、解像度が高いわけだ。これは結構な力仕事だ。

 奈良時代の坊さんの話を読んでいると、森のなかで生きた観音やら生きた薬師に出合う話が出てくる。それはやはり水っぽい場所で、滝の前の霧っぽい場所のようなところで出る。わたしはこの絵を見ていて、そんな不思議なものが現れる寸前ではないかと思った。また、もうすでに絵のなかにはそうした精霊のようなものが現れているのかも知れないとも思った。

 絵は見ることは多いが、こんな風に体験できることは少ない。林真衣さんはそんな希少な作家だと私は思う。


2年前の林真衣展のレヴュ http://www.tukitanu.net/2015/11/eyes-322a.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

摂南でスケッチ大会した

 恒例のスケッチ大会を開いた。みんな熱心に取り組んでくれた。絵の具を持っていったので携帯テーブルに広げていると何人かが寄ってきて使ってくれた。絵の具は水や筆を用意しなくてはならないが、実は色エンピツよりも使いやすいのだ。そのことをもっと知ってほしい。

 最後の30分ほど講評した。スケッチは存在証明であること。うまい下手は関係がないこと。スケッチに失敗はないことなど言った。このあたりは建築家鈴木喜一の受け売りだ。

 全員のスケッチを「細かくていねいな線」「勢いのある力のある線」「大胆な着色」「あわい色使い」などにグルーピングして、線がどのように個性化するのか語った。個性化して自分の線になることが大事だと私は思っている。


Img_11372
2017.10.21、大阪府寝屋川市摂南大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

自家弁当 171020

 手前の炒り豆腐には玉子が炒りつけてある。薄味だがササミとベーコンの旨みが染みてうまい。低カロリー高たんぱく食である。奥のピーマンの肉詰めのチーズ載せは、肉汁とチーズの塩味とがよく合ってうまかった。


Img_1135
2017.10.20、摂南大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

曽根崎公西会市場

 鉄筋コンクリート造りだ。今までまったく気づかなかった。50‐60年代に見える。柱のない水平性を強調したよくできたデザインだ。トップライトとトップサイドライトの併用がが50年代のソ連モダニズムを彷彿とさせる。

 よくわからないが戦前物件と言われてもそうかなと思う。大阪府の近代化遺産リストには載っていなかった。やっぱり戦後モダニズムなのだろうか。

 お初天神商店街から、すでに更地となった曽根崎公設市場へ続く通路だ。公西会とは公設市場の西側という意味だろう。

 わたしは曽根崎市場を知らない。戦前の鉄筋コンクリート造りjのモダニズムだったらしい。そのおもかげがこの商店街に残っているのかも知れない。

 見たところ空き店舗が多そうだった。こんなによい立地なのだからいくらでも入居希望者はあるだろうに。こんな敷地じゃ高層化もできなかろうだから、このまま権利関係を動かさずに楽しく使うのが所有者にとってメリットがあると私は思う。


Img_1128
2017.10.19、大阪市北区

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

実測した野帳を図面に起こしている

 実測したものを平面図に起こしている。学生たちは製図に手慣れていないが、それでも懸命に取り組んでくれた。わたしは1時間半ほどで仕上げたので、それを見本にした。入れ替わり立ち替わりわたしの図面を覗きにきていた。

 図面を書けば、野帳の不足なところや余分なところがよく分かる。だから実測実習は必ず現地実測と製図実習とをセットにしている。


Img_1121
2017.10.17、関大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

自家弁当 171017

 全開とそっくりだが中身が違う。シュウマイと大根の漬物が入っていた。ゴマとノリの香りが新鮮でうまい。講師控室は混みあっていたが、5分しかなかったので、かえって食事に集中できた。よく噛みしめて味わいながら食べることができた。今度はシュウマイを2個に増やしてほしい。

Img_1120
2017.10.17、関大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

自家弁当 171015

 おにぎりの中にシュウマイ1個と鶏皮醤油煮が入っている。大きくてうまい。近鉄特急のなかでいただいた。この車両はちゃんとテーブルがあるので落ち着いて食べることができて素敵だ。

Img_1086
2017.10.15、近鉄特急にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

JR大山崎駅

 青い屋根がきれいだ。昭和初期に見える。リゾート地にあるような駅舎のデザインだが、正面を看板建築にしてモダンさを主張しているのがおもしろい。

 京都線ではほかに東淀川駅がスパニッシュコロニアルでとてもよい。

Img_1063
2017.10.08/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/京都府大山崎町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

自家弁当 171014

 電車ごはんはたまにするが、食べにくくてよくない。それと気恥ずかしいので落ち着かない。揺れるなかで食べるので消化もよくない。それでも時間が無かったので特急のなかでいただいた。おいしくてありがたいのだが、そのありがたさを味わう余裕もなく急いでごはんを食べている自分がなさけなく思った。今度から電車ごはんはやめようと思う。


Img_1083
2017.10.13、京阪特急内にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

まちまちに建つビル

 大阪駅あたりは元は砂州だったからか、土地割りがまちまちになっている。そのまま高層化したのでビルの向きがバラバラになる。とてもおもしろい。


Img_1082
2017.10.12、大阪市梅田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

福島県の起き上がり小法師

 建築士事務所協会の和歌山大会の懇親会で、福島会のかたからいただいた。郷土人形だそうだ。素朴な造形でとてもかわいい。

 福島会は再来年の大会担当で、復興の進む福島県を見に来てほしいとおっしゃっていた。福島大会は2011年に予定されていたが震災で開かれなかった。ようやく念願の福島大会を開くところまできたわけだ。わたしも福島県へ行ってみたい。


Img_1053
2017.10.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

波乗りうさぎの欄間

 なぜウサギなのか。

 関大の実測演習に使わせていただいた古民家の書院の欄間だ。

 ウサギは大黒の使いで子だくさんを象徴する縁起物だ。

 この座敷が出産や子安を祈念したものなのかも知れない。


Img_1072
2017.10.10、大阪市豊中市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

実測実習2日目

 実測2回目。高さを測るのが課題だ。班ごとに断面の野帳を起こし寸法を記入する。コンベックスの使い方を実演してみせると、みんなおもしろがってマネしていた。

 わたしはこれを誰に習ったっけ?
 わたしの最初の実測っていつだっけ?


Img_1075
2017.10.10、大阪市豊中市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴竹居でスケッチ会

 パース教室で聴竹居の見学に行った。見学の後でお庭を借りてみんなでスケッチした。蚊がまだいたね。紅葉のころにもう一度訪れたい。


Img_1066
2017.10.08/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/京都府大山崎町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

洗面台の水栓を取り換えた

Img_1060

 自作洗面台の水栓から水がポタポタ落ちる。分解したところゴムパッキンが消耗していた。ホームセンターへ行ったのだが規格外だった。デザインだけで決めたツケが今になって回ってきたわけだ。


Img_1069

 部品を取り寄せることもできるだろうが、消耗品がホームセンターで買えないというのは信条に合わないので今の混合栓を廃止することにした。とりあえず汎用品を買ってきて取り付けた。これもなかなかいい。

 元の混合栓は6年前に7250円で買った。今のはふたつで7000円。


Img_1070
2017.10.08、自宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

自家弁当 171006

 建築士事務所協会の和歌山大会へ向かう貸し切りバスのなかでいただいた。カラシが入っていたはずだがガンモドキから汁が出て完全に溶けていた。ガンモドキおいしかった。間引きのカブラの煮つけもうまい。バクバク食べていると缶ビールが配られた。おっさんたちの遠征なので行きから飲むのである。昼ビールうまい。


Img_1047
2017.10.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

植物園でスケッチした

Img_1056

 スケッチ教室で植物園へ行った。小雨が降っていたが空気は暖かかった。露店が出ていて買い喰いもできた。黒カレーパンがおいしかった。


Img_1057

 スケッチしているとフルートの生演奏が始まった。しばらくすると雨があがり、陽が射してきて緑が鮮やかに見えるようになった。なんだかもう絵なんか描いていられないような気持ちの良いひと時を過ごすことができた。


Img_1058
2017.10.07、京都府立植物園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

あまの「味噌煮込みうどん」

 授業が終わっても、先生たちでどこかへ行くという習慣がないので流れ解散となった。おなかが減ったので、ここはちゃんと食べようと思って「あまの」に寄った。これが出てくるまで15分くらいかかる。ビールを頂戴してゆっくり待つのが楽しいのだ。そしてうまい。

Img_1044
2017.10.05、大阪市梅田「あまの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

自家弁当 171004

 誰もいない講師控室はとても落ち着く。景色が見えないのが不満だが、誰もいないことはすばらしい。豆腐ハンバークがモサモサしてノドに詰まりそうになった。あわててお茶を汲みに行った。それでも豆腐ハンバーグはおいしい。

 減塩減量生活にも慣れてきた。いま76キロ前後。あと1キロ減れば「肥満」から解放される。9月になって学校が始まりバタバタしていたのでジムをさぼっていた。運動は嫌いだが体を動かしていないと肩こりがひどくなり便秘にもなる。10月からは週2回のペースを確保したいものだ。

Img_1041
2017.10.04、同志社女子大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

実測実習はじまった

 関大の木造演習が始まった。今回はまず実測を演習して、後半は伝統工法の組み物を刻んで実験する。実測は豊中市内の古民家をお借りして測った。測ることのテクニックよりも軸組を読むことを優先させている。

Img_1038
2017.10.03、大阪府豊中市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

宮部みゆき「荒神」

 670ページもある。遅読ゆえ読み通せるか自信がなかったがスラスラ読めた。それでも1ヵ月かかったが、ストーリー展開が速くて楽しく読めた。

 ストーリーそのものには異論がある。本当にあの終わり方で良かったのか。からみあったいくつかの筋を最後の10ページで断ち切るように終わらせている。それがこの人の書き方なのか。1ヵ月も読んできてズバッと終わられると途方に暮れてしまうぞ。
 
 宮部みゆきは初めて読んだ。1960年生まれ。1987年オール読物推理小説新人賞を「我らが隣人の犯罪」で受賞しデヴュ。その後数年おきに各賞を受賞している実力派だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

ジャンタン百貨店(アニメ「ゴシック」より)

 奇怪な事件の舞台となる百貨店ジャンタン。アニメでは折衷主義的なファサードだった。やっぱりこうだよよなぁ、と思うままに描いてみた。30分くらい。

 設定的には大戦前の1911年竣工といったところか。こう見えて鉄骨造である。


171001
2017.10.01/A4コピー紙、シャーペン0.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

ベルゼブブの頭蓋(アニメ「ゴシック」より)

 干拓地の堤防上にある謎の修道院でハエ王の伝説地という設定だ。遠くから見るとハエ頭に見える。アニメでは変なドームに描かれていて歴史的にも構造的にもありえないなぁと思っていた。わたしならビザンチン風の会堂にするだろう。こんな風に。

170930
2017.09.30/A4コピー紙、シャーペン0.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ