2017年7月 9日 (日)

吉田酒造(福井県永平寺町)「旭泉(あさいずみ)」

 冷酒をお願いしたら円満字先生にぴったりのお酒があると言いながら出してきた。
 甘くない。酸味があってさっぱりとした辛口だ。「そこらにあるような、わざとらしい辛口とは違う」と言ったら「そのとおり。うまいこと言うなぁ」と褒められた。お酒の味の半分は言葉でできている。「肉料理に合うのではないか」と言ったら「そうかも知れない」と言いながら自分も一口飲んでいた。おもしろい店だ。

 吉田酒造は「白龍」で知られた蔵元だ。この酒は昔風のうまい酒を造ったのだそうだ。そのために精米歩合を85%に落としている。そのことと特徴的な酸味とは関係があるのだろうか。少なくともきりっとした辛口でありながら、ふんわりと優し気なコクがあるのはそのせいだろう。不思議な酒「あさいずみ」。

Img_0061
2017.07.09、町家カフェ「満月の花」

|

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田酒造(福井県永平寺町)「旭泉(あさいずみ)」: