« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

(但馬スケッチ)4.民家建ての集会所

 スケッチ教室1日目の1枚目。但馬長寿の郷には、伝統工法で建てた一群の研修施設があって興味深い。ただし、あまり正確でないのが惜しい。それでも茅葺きの屋根はふっさりして美しかった。軒にはマメコバチがたくさんいて、黄色い花粉を集めていた。

170723
2017.07.23/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

貝塚銘菓「たこぼうず最中」

 ようやく買えた「たこぼうず最中」。キュートな外見に、ほどよく甘い上品な粒あんが詰まっている。どうしてこんな形なの? いつからここで作っているの? 謎もまた味のうち。

Img_0247 大阪府貝塚市「林宝泉堂」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

実測4日目、今年も暑いな

9時前現場入り。野帳が描けたので今は平面を順に測っている。暑いので2時には終了した。3日間あちこち覗いたので軸組みは分かった。あとは図にして測るだけ。ここからが長い。

Img_0245
2017.07.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

(但馬スケッチ)3.木の練習

 彩色するとき筆をポンポンと置いて描く方法がよいことが分かってきた。ツブツブ描きと名付けた。木ばっかり描いていたい。

Img_0217
2017.07.23/ワトソン紙(ハガキサイズ)、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町「但馬長寿の郷」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家弁当

 カレー味のもやしがうまかった。まわりを掃除したので落ち着いて昼食ができた。やはり食べる場所は大事だ。きょうはお湯が沸かせるかどうか試してみよう。

Img_0231
2017.07.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

自家弁当

 実測現場は散らかっていて食べる場所がない。落ち着いて食事のできる場所がないのはよくない。きょうはまず掃除から始めようと思っている。

 鶏肉の醤油漬けとソーセージ、取り合わせのオクラとミニトマトが甘くてうまい。ごはんに添えたのは但馬で買ってきた岩津ネギの佃煮。磯自慢みたいでごはんによく合う。

Img_0228
2017.07.25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(但馬スケッチ)2.木の練習

 目下、木の練習中である。いろんなひとの描き方を参考に工夫している。もうちょっとで何かつかめそう。

Img_0214


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

夏の実測初日

 ここ数年なぜか夏になると実測調査の依頼が舞い込む。酷暑のなかヒィヒィ言いながら測る。それが今年も始まった。ここは200年ほどになるそうだ。お盆まで週3日ほど通いながら軸組みを測る予定。広いから無理かもね。

Img_0229


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

(但馬スケッチ)1.カントリーロード

 スケッチ教室の会場となった但馬長寿の郷は山の斜面を切り開いたゼミナールハウスだった。そこから谷を降りていく道を描いた。どこへ続くのか尋ねたが誰も知らなかった。わりとこういう風景は好きだ。

Img_0213
2017.07.23/ワトソン紙(ハガキサイズ)、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町「但馬長寿の郷」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

但馬スケッチ教室一日目

Img_0206

途中で雷雨になってびっくりしたが、みんな楽しそうにスケッチしてくれたので良かった。ジャズバンドの演奏が聴こえてきて、それをBGMにしてノリノリで描いた。

Img_0209

講評会はいつものとおり、絵は個性化の過程をたどることをお話しした。そのあと、水彩絵の具の試し塗り大会をした。

Img_0211


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

満月の花利き酒セット「達磨正宗、海中熟成酒」

 風変りな酒が入っていたのでさっそく利き酒。

 この蔵は熟成酒専門だそうだ。普通は瓶詰したものを蔵で寝かすが、これはカキ籠に入れて水深20メートルの海底で熟成させた。籠にはウキがついており、海底から少し浮いた状態でフラフラ動く。このゆりかご効果が熟成に効くという触れ込みだった。

 蔵熟成のものと飲み比べてみてもさほど差はない。あえて言えば海中のほうの若い。熟成のがあまり進んでいないように思う。それはゆりかご効果のせいか海中温度のせいかは分からない。ともかく半年では結果が出るには早いと思う。3年待てば結構差が出ると思う。


Img_0201
2017.07.21、町家カフェ「満月の花」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ロケハン快調、京都建築探偵団

八瀬周辺でロケの下見をしてきた。叡山山頂は雲の中で雨が降っていたが涼しくて気持ちよかった。Img_0140


| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶碗バスのフィボナッチ数

 数えたわけではないが、これもフィボナッチ数なのだろう。宇宙の神秘は自庭にある。茶碗バスは白蓮よりひとまわり小さく手のひらサイズのかわいいやつだ。今年もすでに4つ目か5つ目が咲いているところ。まだつぼみがふたつほどある。やる気満々である。

Img_0117
2017.07.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

驚くべきハスの開閉のようす

Img_0116 午前8時の状態

 ハスは3日咲く。上写真が2日目の開花のようすで撮影時間は午前8時だ。花は昼過ぎには閉じてしまう。下写真は午後1時の写真で完全に閉じている。あれだけ開いていたものが、どうやればこれほどきれいにつぼむことができるのだろう。不思議だ。

 こうして毎日開閉を繰り返し3日目の開花後は閉じることができなくなって散る。

 いったいどういう仕組みで開閉しているのだろうか。花弁1枚づつにj超小型油圧ジャッキでもついているのだろうか。花弁を支えるガクの部分でなにかが収縮しているのだろうが見ていてもよく分からない。

 なぜ昼過ぎに閉じてしまうのかもわからない。夕立を避けるためかも知れない。開花した状態だと夕立に遭えば一遍に散ってしまうだろう。原産地にも夕立があればの話だが。


Img_0118 午後1時の状態


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

樹木にウニャウニャ描きの練習をした

建築学校の最後の授業は京都御所で木を描いた。わたしは前から気になっていたウニャウニャ描きを練習した。これで15分くらい。もっと手がランダムに動かねば。しばらく練習してみる。
Img_0122


| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな大好き本野邸

暑くなる前に描いた。15分くらい。一度描いたものなら二度目は速く描ける。楽しい。
Img_0120


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

今年のグリーンカーテン

Img_0114

 今年のグリーンカーテンはこんな感じ。上のほうほど茂っているのは、陽当たりのせいか。ひと月前から花が咲き始め、今ではかわいい実ができている。実は毒があるので誰も食べないが、ここにはアリやらクモやらがそのほかたくさん棲んでいる。庭の生物相の延長であり立体ガーデンのおもむきがある。

Img_0115
2017.07.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

ズイコウレンが咲いたよ

 直径が15センチくらいある。大きな白蓮がポッカリ咲いておめでたい。全く咲かない年もあるのに、今年はツボミが別にふたつもある。やる気満々である。がんばれズイコウレン。

Img_0111
2017.07,17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

最後は擬洋風、おもしろすぎる

擬洋風を素人建築と嗤う向きもあるが、わたしはそうは思わない。これほど自由な建築は他にない。しかもそれを支える技術が一級品で、石工、大工、左官のコラボというかバトルが
おもしろい。みんなもいっぺんよく見てみるといい。
Img_0095


| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つめはおおくらさぶろう

改造されたが、まだまだオリジナルは残っている。コーナーで片側のパラペットに破風を見せる手法など思いつきそうで思いつかない。さすが大倉だ。
Img_0089


| | コメント (0) | トラックバック (0)

花屋町の木造3階建て

最初の一枚は花屋町。割と知られている木造3階建て。長屋の角を塔のように高くしたところがかっこいい。
Img_0087


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

最後はいとうちゅうた

500段ほど石段を登った。途中何度も休んだ。山頂まで30分くらい。ようやく登りつめると大きなお墓があった。豊国廟、明治31年、伊東忠太設計。前から見たかった。来て良かった。

Img_0075


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度

カレーを食べたので元気が出た。だからもう一度描いてみた。難易度を下げて正面描き。線描きは10分くらいでできた。さすご2回め。でも絵の具が乾くのが早すぎて筆が間に合わない。紙に筆を置いたとたんに乾いていく。これで20分。

さて、伊東忠太を見にいくぞ。

Img_0069


| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つめはかたやまとうくま

暑すぎて目が霞む。遠くから警官と職員に見張られている。早く切り上げたいが、暑いので筆が進まない。やっぱり30分。
Img_0068


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初はヴォーリズ

描く予定はなかったが。通りがかりに最初の一枚。30分くらい。暑いね。

さて、これからどこへ行くでしょうか?

Img_0067


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

瀧羽麻子「うさぎパン」

 表紙買いした。月イチ2文(参照)の2冊目。瀧羽麻子はたきわあさこと読む。

 あさのあつこは、読者を何ページ目で泣かせるかということをコントロールできると書いていた。それを思い出した。計算されているのだろうけどそれを感じさせない自然なストーリー運び。

 わたしの涙腺は「失われていたものを取り戻す」ところで緩むが、それは他の人も同じかも知れない。ストーリー運びの常套なのだろう。でも何度でも泣ける。ストーリーを仕込むと小説は自立するのだろう。でもストーリーって何だろう。

 瀧羽麻子は2007年ダ・ヴィンチ大賞を「うさぎパン」で受賞、26歳でデヴュ―。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

夢枕獏「陰陽師」

 岡野玲子のコミック版は読んでいた。その独特の世界観が好きだったが、それは原作ゆずりだった。清明と博雅のかけあいが楽しい。キャラはかけあいから生まれるな。

 単行本が1988年だからもう30年も前だ。岡野のコミック化が1999年。コミックを読んでいなかったら原作も手にとっていなかったかも知れない。コミックは原作に忠実だった。岡野オリジナルの部分も夢枕の原作の延長上にあることが分かった。あまりにコミックが忠実なので、読んで浮かぶイメージが全部岡野の絵になってしまうのが難点かな。

 驚いたのは一文ごとに改行していること。いちいち改行するのでページの半分くらいは白紙だ。これってネット小説の書き方じゃん。30年前ならまだケイタイ小説もないぞ。なんでこんな書き方をしたのだろう。そういうのは誰に聞けばいいのか。

 月に2冊本屋で文庫を買って読む「月イチ文2」(参照)に参加している。これが最初。2017年6月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

【猪名川町めぐり】6.旧平賀邸と旧平安家住宅

 市内にあったものをここへ移した。元は大正7年だそうで、移築も丁寧な仕事で当初の面影をよく残している。なかのステンドグラスとかとてもいい。

Img_9739
2017.05.25、兵庫県川西市、川西郷土館「旧平賀邸」

Img_97492
同上

 郷土館になっている精錬家平安家住宅も良かった。今回はゆっくりできなかったので再訪したい。

Img_97552
2017.05.25、川西郷土館「旧平安邸」座敷


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

こうちゃん「山芋とろろ焼き」

 こうちゃんは100以上メニューがあるので食べたことのないものも多い。これは、そんなメニューがあることすれ気づいていなかった。カウンターの中でトロロを擂っているので、何を作るのだろうと見ていたらこれだった。おいしそうだったので私も注文してみた。お好み焼きソースとマヨネーズのかかったチジミのような味わいで、山芋らしいフワッと口のなかで解けるような頼りない食感でうまかった。380円。


Img_0055
2017.07.11、阪急京都線西院駅、折鶴会館「こうちゃん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

駱駝「四川風麻婆豆腐」

 辛い。トウガラシの辛さではなくサンショのほうだ。舌がシビシビとしびれてくる。挽き肉とネギの旨みとソースのサンショ辛さが淡白な豆腐によくからんでうまい。食べる手が止まらない。うま過ぎである。良い店を教えてもらった。

Img_0054
2017.07.06、京都市左京区「駱駝」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

吉田酒造(福井県永平寺町)「旭泉(あさいずみ)」

 冷酒をお願いしたら円満字先生にぴったりのお酒があると言いながら出してきた。
 甘くない。酸味があってさっぱりとした辛口だ。「そこらにあるような、わざとらしい辛口とは違う」と言ったら「そのとおり。うまいこと言うなぁ」と褒められた。お酒の味の半分は言葉でできている。「肉料理に合うのではないか」と言ったら「そうかも知れない」と言いながら自分も一口飲んでいた。おもしろい店だ。

 吉田酒造は「白龍」で知られた蔵元だ。この酒は昔風のうまい酒を造ったのだそうだ。そのために精米歩合を85%に落としている。そのことと特徴的な酸味とは関係があるのだろうか。少なくともきりっとした辛口でありながら、ふんわりと優し気なコクがあるのはそのせいだろう。不思議な酒「あさいずみ」。

Img_0061
2017.07.09、町家カフェ「満月の花」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

夏休みのごはん

 「夏休みのごはんみたいでしょ」とかみさんが言う。最近、夏バテで食が細いのでこういうあっさり系がよいらしい。焼いた油揚げのみじん切りとジャコのおにぎり。香ばしい。キュウリの醤油漬け、三度豆のニンニクマヨネーズ和え、トマトサラダ。野菜は近所の農家の販売所で安く買ったものだ。玉子焼きはお弁当に入れるような甘い味付けでうまいかった。

Img_0058
2017.07.07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

【猪名川町めぐり】5.平安精錬所跡の鉱滓捨て場

 精錬所跡の前の斜面一面に鉱滓が積もっていた。地形が変わるほど長年にわたって捨てられ続けたようだ。これもまた立派な産業遺跡だろう。こうしたものがあれば、そこに精錬所があった証拠になる。精錬所というよりタタラ場と言ったほうがよいか。
 その近辺には鉱脈があるのは間違いないし、水運との関連で時代もある程度は想像できるだろう。鉱物資源があったということは、その地域が歴史のなかで特異な地位を獲得していたことになる。地域史再編の糸口になるだろう。

Img_9743
2017.05.25、兵庫県川西市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

【西京めぐり】5.浄住寺から地蔵院へ

 浄住寺には不思議な物語があった。

 昔、お釈迦様が亡くなったとき、お釈迦様の歯が盗まれた。それを取り戻したのが韋駄天(いだてん)だったそうだ。その歯は海を渡って日本に至り、嵯峨天皇がこの寺に納めた。それは寿塔のなかの穴倉のなかにあり、その上に大石が置かれているという。その後、地元の葉室一族が鎌倉時代に西大寺の叡尊を招いて再興し、さらに江戸時代になって鐵牛禅師によって再興された。

 このお話しをうかがったときは分からなかったが、そのあと隣接する地蔵院へ行って葉室の意味に気づいた。

 地蔵院は室町時代の幕府管領細川頼之の建てた寺で、一休禅師が幼少期を過ごした寺としても知られているそうだ。竹の寺の異名のとおりうっそうとした竹林のなかにあり、ここもまた別世界が広がっている。

 頼之公の墓が興味深かった。生前、立派な墓は立てず石を置くだけにせよと言い残したそうで、大きな石がどんと置いてある。ある種の自然葬をイメージしたものだろうが、これを見たときに葉室(=歯室)もこういうものなのだろうと気づいた。

 石の際から生えた木が大樹となり石をからめとった姿は迫力があった。墓なのに生命力にあふれている。歯室を葉室と読み替えたのは植物の生命力にあやかったからだろう。この地域はこうした特殊な埋葬法が残っており、それは再生儀礼でもあったのではないか。

 墓に石を置くことは古代から行われてきた。その石に地蔵を刻むようになり、葬送地には石地蔵があふれることになる。地蔵信仰は仏教以前の葬送儀礼を引き継いでいるように見える。頼之公の墓に木が生えたのは偶然であったろうが、それでもそのようすからは置かれた石には再生の祈りが籠められていることを感じる。


Img_9802
2017.05.28、京都市西京区地蔵院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

【西京めぐり】4.浄住寺の花の扁額

 ここは禅寺で体験座禅をやってみた。坊さまが大きな板棒をもって見回りをしている。向こうのほうで誰かが叩かれてバシッいう音がなった。ははっ落ち着きのないやつはダメだと心のなかで笑っていたら次は自分だった。叩かれても痛くないと聞いていたがあれは嘘だ。ビリっと痛かったぞ。わたしは座禅が嫌いになった。

 本堂の扁額の額縁が彩色された菊花でとてもきれいだった。珍しいと思って写真に撮った。お堂は好きだ。

Img_9801
2017.05.28、京都市西京区浄住寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

風水本の続編を企画している

 「京都の風水地理学」がジワジワ売れている(らしい)。ということで続編を企画中だ。ネタはいくらでもあるが推論をもっと深めておきたい。今考えていることをメモしておきたい。

1.格子状プランの世界観は中国北方系

 長安(大興城)を設計した宇文愷(ウブンガイ)は宇文・愷で名字は宇文だ。こうした二文字の名字は辺境諸国の出である証拠で、実際宇文は内モンゴルの王家の家柄だそうだ。
 長安の格子状プランの元となった鄴(ぎょう)は曹操孟徳が造った都だったが、この後開かれた魏(ぎ)という国もどちらかと言うと北方系だ。

 よく勘違いされているが、格子状プランはもともと世界の写しとして考え出されたもので、産業や軍事上の効用はあくまで二義的なものだ。それはルネサンス以降の都市計画でも同様であって、格子状プランは必ず中心と構造を備えていた。ベルサイユ宮殿などがその良い例で、鏡の間という中心と、そこから伸びる直線に添って整備された庭園という構造を備えている。

 オースマンのパリ改造なども同じで、放射状道路という構造の中心には必ず凱旋門やらオベリスクがある。分かりやすいゲームのダンジョンのような構成だが、これが格子状プランというものだ。現代日本では構造も中心もない格子状プランが蔓延しているが、それは本来的な姿ではない。

 長安以降この方法は流行らなかった。これは格子状プランの示す世界観が中国本来のものではなく、多分に北方的のものだったからではないかと考えている。砂漠で眺める満天の星空のような圧倒的な力で迫る世界観が格子状プランにはある。

 中国本国では流行らず、文明の進んでいたはずの朝鮮半島でも行われなかった。これを受け継いだのは辺境の日本と渤海だけだった。日本と渤海は国家としてはまだ呪的な段階で、律令制のような文明に浴していない発展途上地域だった。

 このふたつの地域は憑りつかれたように格子状プランの都を造り続けた。お互いが影響しあったわけでもなく、別々に発展したことは作っているものが微妙に違うことから分かる。おもしろいことに渤海の都は長安よりも魏の鄴(ぎょう)似ている。
 
 渤海は中国の東北地方だ。そこは朝鮮族や倭人も含めた東北系諸族とモンゴル系諸族とが入り乱れて住んでいたようだ。モンゴルから渤海へ至る平原にはシルクロードの北方ルートがあった。だから辺境であっても未開ではなかったのだ。そこで行われた文明は中国的なものとは一線を画し、天と大地とのつながりを重視した多分に呪的なものだったろう。だから天地を結ぶ呪的装置としての格子状プランの都が造られた。

 格子状プランは北方色の強い渤海で受け入れられたが、同じ世界観が日本でも流行ったのを見ると、やはり古代日本も北方系文化の一端を担っていたと考えざるを得ない。魏の国とのさかんな交流はその証拠となりうるのではないか。また、秦氏の秦は始皇帝の秦ではなく五胡十六国の秦であろうと思うが、そうだとすればやはり北方系とのつながりは否めない。

2.古墳の代わりに寺院を建てよう

 古代寺院の平面計画は都城と同じ考え方で造られているようだ。今はその意味を考えている。前著の平安京推論のように三合であるのは間違いないと思うが、もう少し別のそうでなくてはならないような絶対的な意味があるように思う。

 都城は火の三合を使って格子状プランを構造化したが、これは天地の結びつきを視覚化したものだった。同様のものとして前方後円墳がある。これは沖縄の亀甲墓に見るような天円地方を具象化したものだという考えが民俗学の世界では通説化している。ようするに天地を結ぶことは先祖とわたしたちを繋ぐことでもあるわけだ。この考え方が古代寺院にも引き継がれたように見える。古墳のかわりに寺院を造ろう。日本では憑りつかれたように寺院を作り始める。

 前方後円墳>古代寺院>都城

 わたしは都づくりの考え方を探るところから歴史を逆にたどっている。そこにはさほど難しい理念があるとは思わない。もっと素朴でもっと根源的ななにか。

 王は天と地とをつなぐ者であり天の声を聴くものだ。天の声は先祖の声でもあった。天の声を聴くものが女性であったときには、天と大地との結婚がテーマであったろう。婚姻によって大地は生まれ変わりそして新たな穀物と子孫を生み出す。呪的な先祖崇拝と穀物生産のための文明とのハイブリッド(異種混合)が天地をつなぐ祈りの形式を生み、それが古代寺院や格子状プランへと変化していったのだ。

 これも勘違いされているが、格子状プランは律令制の前提条件ではない。これは朝鮮半島や長安以後の中国で格子状プランが流行らなかったことを見ても明らかだ。長安のような都を持たなくたって律令国家は成り立つのだ。だから格子状プランに熱中したのは律令制を取り入れるためではなく、先祖崇拝を基とした呪的国家の形式から逃れられなかったからと考えたほうがいい。そう考えれば聖徳太子による仏教移入の経過も分かりやすい。

3.仏教の立ち位置と世界の書き換え

 仏教は律令制とは直接関係がない。日本がお手本にした隋や梁が仏教国だったことの影響はあるだろうが、むしろ農地開拓ための呪的手法として必要だったからと考えたほうがよい。役行者のころの仏教は、山谷に跋扈する精霊を呪的に封じ込める先兵として使われた。弥生時代の農地の大規模な開発は縄文時代的な呪的な世界と深刻な軋轢を生んだはずだ。それを克服するために修験者は使われたというわけだ。

 弥生時代の後期に古墳時代が重なるのは、こうした開発の規模拡大と技術革新が行われたからだろう。農耕のための土木と建築の技術は神々との交流を縄文式から弥生式へと書き変えることを目的としていた。世界の書き換えである。この段階でヘビ神は悪しき龍神と書き変えられ仏僧によって封じられるのだ。このあたりの考察は吉野裕子の「蛇」に詳しい。

 奈良時代に八省が整備されても工部省はできなかった。工部省ができるのは明治になってからだ。なぜ工部省が無かったのかといえば寺院が技術を独占していたからだ。技術は農地を増やすための土木建築技術と山野の悪霊を鎮撫する呪的な信仰とのハイブリッドだった。だから信仰と技術を切り離すことは怖くてできなかったのだろう。

 それを逆手にとったのが聖武帝の菩薩皇帝化だったのだろうと思っている。この話は格子状プランとまったく関係がないわけでもない。仏教を文明の先兵として使った時点からはらんでいた矛盾が最悪なかたちで噴出するのが菩薩皇帝化計画から道鏡事件までの数十年であったろうと思っている。いずれ東大寺西大寺の平面を検討すればもっと詳しく分かるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

漁具庫かな

 高度成長期に海岸が埋め立てられるまで、ここから3分ほどのところが海だった。だからこれはなにか漁業関係のものを入れていた納屋ではないかと思う。暮らしが変っても町がまだそれを覚えている。

Img_00022
2017.06.24、大阪府貝塚市南町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

ロープ工場かな

 いい感じの木造があった。長い建物でロープ工場かなと思ったが窓が少ないので違うかも知れない。土壁・貫構造・和小屋の実直な建物でわたしの理想の建築に近い。30年ほど前に来たころには水間鉄道沿線に繊維工場や洋館などが残っていたがめっきり少なくなっていた。でも探せばまだまだおもしろそうな建物が残っていそうな気配がある。おもしろそうな地域だ。

Img_0011
2017.06.24、大阪府貝塚市水間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »