2016年12月 7日 (水)

木造演習 刻みがほぼ終わろうとしている

 永遠に終わらないのかと思われた木造演習も佳境を迎え、いよいよ上棟が視野に入った。機械力の成果だが、角ノミ盤の使いこなす学生さんの動きには目を瞠るものがある。機械をバリバリうならせながら材を加工する姿はたのもしい。さて年内に上棟するだろうか。そう簡単にはいかないだろうと思うが、案外すんなり上棟するかもとも思う。楽しみである。

Img_8625
2016.12.06、関大

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/64595913

この記事へのトラックバック一覧です: 木造演習 刻みがほぼ終わろうとしている: