2016年11月 6日 (日)

京都建築専門学校のお茶室を見てきた

Img_8468

 建工祭の名物のお茶室へ寄ってみた。去年の部材を再利用しているが結構新しくなっていた。シンプルな架構と丁寧な刻み仕事が見ごたえがあった。去年より茅葺きの厚みも増していてかっこよかった。

Img_8466


 今回初めてお茶をおただいた。堀川通りの車の音と商店街の有線音楽の日常的な音環境のなかで、濃い抹茶をいただいていると不思議に落ち着く。冷たい初冬の風と暖かいお茶の取り合わせは、開放茶室ならではの醍醐味だろう。

 同席したのが裏千家の学校の学生さんたちで、ひとりはウクライナからの留学生だった。彼女らも大層このお茶室が気に入ったようだった。期せずして国際交流も果たした今年の建工祭だった。

Img_8467
2016.10.05、京都市堀川通り下立売上ル

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/64454564

この記事へのトラックバック一覧です: 京都建築専門学校のお茶室を見てきた: