2016年11月21日 (月)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 光楽堂ビル

 鉄骨なのだろうか。なぜ柱筋から壁が浮いているのか。こんな風に構造を見せるのは1980年代の流行りだったような気がする。遅れてやってきたメタボリズムだろうか。明快なようでかえって曖昧な感じがおもしろい。まあこれが1980年代なのかどうか分からないけど、光楽堂ビルさんのHPを見ていると1981年ごろの竣工らしい。

Img_8331
2016.10.10、京都市左京区今出川白川

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/64525269

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 戦後ビル編 光楽堂ビル: