2016年10月15日 (土)

村野藤吾のコンクリートレンガ

 関大でコンクリート製のレンガを見つけた。焼いていないので厳密にはレンガではないが、大きさはレンガとおなじくらいだ。まわりの校舎がレンガタイルなので、風景によく溶け込んでいて最近までコンクリートレンガであることに気づかなかった。表面を洗い出しにしており、風化した石造りのような趣があって、なかなかよろしい。コンクリートレンガやコンクリートブロックは自作できるので、私もやってみたいと思っている。

Img_8287

 村野にはレンガ造に対する憧憬がある。彼がエストベリのストックホルム市庁舎を初めて見たとき走り出したというエピソードがそのことをよく示している。彼の執拗なまでのフランス積み式タイル貼りへのこだわりも、そこからきているのだろう。エストベリのレンガ積みはフランス積みだからだ。ただし、フランス積みは長手と小口が交互に現れるがエストべりは長手を2回繰り返す。レンガの積み方としてはそれほど違わないが、ストックホルム市庁舎を直接まねたというわけではないのかも知れない。

Img_8288
2016.09.27、関大

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/64350284

この記事へのトラックバック一覧です: 村野藤吾のコンクリートレンガ: