2016年10月16日 (日)

1杯200円のラーメンのある町(建築探偵の考えていること)

 ちょっと不思議なロケーションだった。やけに歩道の広い道があったので歩いてみた。歩道の幅が5メートルもある。計画道路か何かなのだろうか。寝屋川市の電通大沿いの道だ。まわりは新興住宅地で、60年代以降に農地を開発した地域であることが分かる。ところがそこに市場があった。これは少しおかしい。市場の設置は戦後すぐから50年代にかけてが多い。市場ができた時点で、それを必要とする住宅地が開かれていなければならない。これでは風景と歴史とが合わない。これを整理するとこうなる。

終戦  農地
50年代 市場<市場が宅地開発より前なのがおかしい
60年代 計画道路・宅地開発 

 アーケードの入り口に白看板に黒いペンキ塗りで「日之出商店街」とある。これって稲葉喜美子の「日ノ出町ブルース」じゃないか。急に古い歌の中に入り込んだ錯覚に陥った。歌に出てくる日ノ出町は横浜の場末の飲み屋街だった。これも50年代から60年代に成立した風景だ。日ノ出という地名そのものが戦後の新興地を思わせる。
 おもしろいのは市場が鉄筋コンクリート造りであること。京都の堀川住宅とよく似ている。あれも50年代前半だった。2階建てで間口が3メートルほどしかない。この狭さも50年代を思わせる。1階が店舗で2階が住宅だ。アーケードは両側の建物から鉄骨で架け渡されている。鉄筋コンクリート造りということは、これが公共事業として建てられたことを示す。道路がらみかも知れない。ここまでを整理するとこうなる。

終戦  農地
60年代 計画道路・宅地開発・市場<市場は50年代に見えるのでおかしい

 最近の市場は空き店舗が多いものだが、ここは全部埋まっていた。なかなか活気があって楽しい。市場の中ほどに食堂があった。大きな赤のれんに「みなさまの台所、兼六食堂」と白抜きで染められている。ガラス戸に手書きのメニューがずらっと並んでいて、そのなかに「ラーメン 200円」があった。200円? 思わず足が止まってメニューを2度見した。たしかに200円とある。ほかのメニューも安い。

 中はお客でいっぱいだった。テレビがお昼のバラエティを流している。いきなり200円ラーメンを頼むのはどうだろうと躊躇していると日替わりランチを勧められた。こういう初見の客を見分けて世話をしてくれるところがうれしい。よい店を見つけた。ランチはオムレツがうまかった。カニ玉に似た甘辛い優しい味でフワトロの食感だった。ここは中華料理店なのではないか。そしてこの薄味の中華はやはり50年代の味だろう。

 ここまでで判明したことは次のとおり。

50年代 兼六食堂開業
50年代 日ノ出商店街
60年代 計画道路・宅地開発

 ここでヒントになるのが、道路沿いの電通大が1961年に立地していること(これは帰ってから検索した)。だから本当はこうではないか。

戦前  大工場(おそらく繊維系)の立地、借家街の形成、
    市場の成立、日ノ出町成立、農地と宅地の混在
戦後  工場再稼働、闇市
50年代 兼六食堂開業
50年代後半 計画道路工事、道路敷地となった市場の移転建て替え
60年代 道路開通、大学の誘致、兼六食堂の学食化、道路沿いの農地の宅地化
60年代 繊維業の構造不況、大工場の閉鎖

 年表上の大工場はまだ私の推理の産物でしかない。しかし戦前にすでに工員街であったと考えればいろいろ説明がつく。ひょっとすると大学は大工場の跡地なのかも知れない。こうして考えてくると、兼六食堂の優しい味わいは工員街から学生街への変化に寄り添ってきたことが分かる。長年続いた食堂の味は大切な歴史資産だと私は思う。

Img_8345
2016.10.14、大阪府寝屋川市「兼六食堂」

|

たぬきのまちさがし」カテゴリの記事

ごはん(グルメットたぬき)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1杯200円のラーメンのある町(建築探偵の考えていること):