2016年5月10日 (火)

聖ヨハネ教会堂

 まず大好きな聖ヨハネを描いた。30分くらい。陽射しがきつくて暑かった。この会堂は3を基調としている。ふたつの塔と身廊の破風それぞれに十字架が3つ付いている。その下にはやはり三角形破風が3つ並ぶ。正面のステンドグラスは大きなアーチの中にふたつのアーチがあり、その下に4つのアーチがある。つまりアーチが3段になっているわけだ。また、数あるアーチはほぼ三弁アーチとするなど徹底している。3はもちろん父と子と精霊の三位一体を象徴するマジックナンバーだが、ここまで3にこだわるのはなぜだろう。

Photo
2016.05.08/ワトソン紙ハガキサイズ、0.3グラフィックペン、固形透明水彩/明治村

 ガ―ディナーについての覚え書き
 ガ―ディナーについてよく知らない。彼はどこで建築を覚えたのか。ハーバード大に入るが建築ではない。それも2年でやめている。大学をやめてから23歳で来日するまでの3年間にどこかで実務を経験したのだろうか。明治13年に来日して立教の校長先生になり教育のかたわらキャンパスの建築設計を手掛けている。明治24年に立教を辞し建築事務所を立ち上げている。彼の建築活動の全容はまだ未解明らしい。興味深い建築家だ。

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/63609397

この記事へのトラックバック一覧です: 聖ヨハネ教会堂: