2016年4月20日 (水)

建築探偵の写真帳 西長堀アパート(1958)

Img_7044

 西長堀アパートの北側立面はいつ見てもおもしろい。細長い窓がタテにつらなっている。上下の窓の間が小さいからそこはスラブキャンチであって梁が無いわけだ。廊下側なのだが、そこを歩くときっと楽しい。URのホームページ(参照)に古い写真があった。竣工当時はこの立面が、今は埋め立てられた長堀に面していたらしい。それはまた美しい景色だったろう。

Img_7045
2016.04.19、大阪市西区西長堀

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/63511159

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 西長堀アパート(1958):