2016年2月16日 (火)

桜の宮のクスノキ

 造形作家中村岳さんの作品かと思った。クスノキなのだがもう枯れている。空襲で傷んで枯れたとあった。とても大きくてただただびっくりするばかりだ。

 樹下に小社があり八幡神、桜の宮大明神とあった。渡辺綱が祀ったと言われる八幡さんで、桜ノ宮神社のお旅所でもあるらしい。

 このクスノキは渡辺綱が馬を繋いだという伝説があるそうだ。このあたりは渡辺党の本拠だというわけだ。わたしは渡辺という名前は渡し部という意味だろうと思う。ようするに海上交通を牛耳った海民なのだろう。昭和11年まで続いたという源八渡しはすぐそこだ。渡辺氏は多田源氏だったから源八の源は源氏のことかもしれない。

Img_6357
2016.02.16、大阪市都島区

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/63223364

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の宮のクスノキ: