2016年1月 6日 (水)

描き初めをした

同志社クラーク館をエンピツで描いた。寒さで手がかじかむ。クラーク館はクラーク夫妻が亡くなった息子の記念として寄付された資金で建てられた。息子さんは齢23才だったらしい。どんな人だったのだろう。

Image
2016.01.06/ワトソン紙〈ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市

 クラーク夫妻の息子さんバイロン・ストーン・クラークの略歴がネットにあった。

 本井康博著「B・S・クラークとは誰か、クラーク記念館の新資料紹介」

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/63014590

この記事へのトラックバック一覧です: 描き初めをした: