2016年1月16日 (土)

彫刻と建築 小田信夫「夢難波」1987

Img_5947_2

 前から気になっていて写真に撮ったりしていた。彫刻家の小田信夫氏は大阪を中心にさまざまな建築とのコラボをなさっていて、彼のホームページにそのマップがあった(参照)。1975年から99年までの24年間に52作品もある。太陽の塔のような建築家と彫刻家のコラボはもう無くなったと思っていたが大きな間違いだった。これから気をつけて少しづつ見ていきたい。

Img_5949

 こうした壁面作品は装飾としては今でもよく作られる。でもこれほど力のあるものはめったにない。力があるとはどういうことか。まず動いているように見えること。そして枠からはみ出しそうな力があること。さらに巻き込まれそうな怖い感じがすること。今回は久しぶりに前を通ったのでゆっくり見た。これは打ち出し鉄板に真鍮メッキを施したものに見える。もしそうなら大阪のメッキ技術に支えられた表現である。

Img_5948
2016.01.12、大阪地下鉄難波駅

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/63075386

この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻と建築 小田信夫「夢難波」1987: