2015年12月26日 (土)

別府湯の泰山タイル

Img_5824

 タイル研究家の林宏樹さんのご案内で別府湯を見学した。ここには泰山タイルのモザイク壁画がある。泰山タイルを見るのは初めてだ。これほど見事なものとは思わなかった。

Img_5828_2

 海がテーマなのだがイシダイやカツオなど魚種がよく分かる。だからと言ってリアルというのでもなく、適度にデフォルメされて活き活きとしている。そして絵に動きがある。下絵の画力もさりながら、それをタイル片で再構成してみせる技量は相当なものだ。今これだけのモザイク壁画を作るものは少なかろう。良いものを見せていただいた。林さんありがとう。

Img_5825

 別府湯は50年ほど前に今のご当主が譲り受けたそうだ。京都の銭湯は石川県出身者が多い話は聞いたことがある。別府湯の先代もやはり北陸出身だったが、ご当主自身は鳥取ご出身だという。

 泰山タイルがなぜここにあるのかは先代からは聞いていないそうだ。林さんは泰山タイルの工場が近かったため、何らかの縁があったのではないかと想像してらっしゃった。わたしもそう思う。以前はタイル壁画の横に泰山の名前を記したタイルが張られていたそうだ。

Img_5826

 最近は入浴客も減り厳しい経営を強いられているらしい。近年の周辺開発で長屋が減り入浴客減少に拍車をかけたそうだ。子供連れの客もめっきり減り高齢者中心の客層だという。それでも冬至には柚子湯を開くという。心意気がすばらしい。

 別府湯は地下鉄十条から徒歩5分、東九条石田町25-1にある。湯につかって泰山タイルのタイル壁画を眺めるのも楽しいだろう。

Img_5823_2
2015.12.19、京都市南区

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

間違いを教えてくださってありがとうございます。訂正しておきました。今回はよいものを見せてもらって喜んでおります。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: えんまんじ | 2015年12月28日 (月) 13時02分

先日はタイル街歩きでお世話になりありがとうございました。
いままで気づかなかった物件も多く、目からウロコのツアーでした。

別府湯の泰山タイルの紹介もありがとうございます。
一ヶ所だけ記載に間違いを見つけたので、お知らせしておきます。
現在のご主人の出身を島根と書いておられますが、正しくは鳥取です。
別府湯もちゃんと資料を作成すればよかったですね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 林宏樹 | 2015年12月28日 (月) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62940241

この記事へのトラックバック一覧です: 別府湯の泰山タイル: